ビットコイン、時価総額1兆ドル突破

2

ビットコインの価格は1コインあたり54,000ドルに達している。流通量は1,860万BTCを超えており、史上初の仮想通貨の時価総額は1兆ドルに達している。この信じられないほどのマイルストーンが、市場をリードする仮想通貨、ビットコインにとって何を意味するのかをご紹介する。

1年で1,000億ドルから1兆ドルへ

ビットコインの時価総額が、VISAやMastercard、その他の大手銀行と同等の水準に達したのはほんの数ヶ月前のことだ。数週間前には、テスラが自社の内部留保を増やすためにBTCを購入したことを明らかにした直後に、ビットコインはテスラの時価総額を上回った。今では、もう一つの大きな節目を迎えたのだ:時価総額が1兆ドルを超えた。


文字通りの無価値から、ビットコインの資産とネットワーク全体が1兆ドルの価値を持つようになった。達成は驚くべきことだ。この結果が実現するのを見届けた人は誰でも、今、その巨大なパイの一部が報われているのだ。

さらに印象的なのは、ビットコインの、約1年前の「暗黒の木曜日」時の総価値はわずか1000億ドルだったのが、その10倍にまで上昇したことだ。そして、他のほとんどの資産が継続的な成長を維持するのに苦労している間に、それを達成したのだ。

株式市場は最近停滞しており、代わりにビットコインに資本が流入しているため、金は下落傾向にある。ビットコインが時価総額1兆ドルに達した今、世界中のすべての投資家のポートフォリオにスポットを求め始めるだろう。その理由はここにある。

bitcoin 1 trillion btc market cap
ビットコイン時価総額 出典:TradingView


1兆ドルのマーケットキャップがビットコインに与える影響


時価総額が1,000億ドル以下だったビットコインは、企業や機関が注目するのに必要な流動性を持っていなかった。時価総額は、株式や金と比較して常に「小さい」と考えられていたが、1兆ドルではもはやそのような考えはできないだろう。

1兆ドルという数字は、本質的には個人投資家にとっては必ずしも重要ではないが、より多くの企業が、すでに希少でトレンドとなっている仮想通貨に参入するための「すべての明確な」サインとなる可能性があるのだ。

ほとんどの兆候は、ビットコインがまだ「マニア」の域に達していないことを示しているが、時価総額が1兆ドルを突破した後、富裕層の投資家が、遅かれ早かれ参入しなければ、ますます高い価格を払わなければならなくなることを認識しているため、取り残されることを懸念した層の市場への参入は勢いを増す可能性がある。

ビットコインはほとんどの基準では過熱しているが、1兆ドルに到達することで、必要なときに必要なだけ流動性を利用できるようになった金融機関の目には、実際にリスクが軽減される可能性がある。

(翻訳元:Bitcoinist

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

【収支報告】「はむとれ」×「bybit」でビットコインを100倍にしてみる【#1】

土 2月 20 , 2021
自動売買「はむとれ」で1BTCを100BTCにするチャレンジ、1日目の始まりだ。 まずは今日の収支から紹介しよう。