仮想通貨(暗号資産)ビットコイン、エルサルバドルの経済を救う

ビットコインは、政府や銀行などの第三者の管理外に存在する貨幣システムになることを目指して作られた。また、銀行を持たない個人が価値を蓄える口座を持ち、その価値をピア・ツー・ピアで他人に譲渡することができるというソリューションでもある。


そして、これは初の仮想通貨(暗号資産)の長期的なビジョンではあるが、エルサルバドルのある田舎の村では、BTCはすでにハードな打撃を受けた経済に取って代わり、ビットコインビーチと呼ばれる海岸沿いの地域に住む銀行を利用できない市民に切実な解決策を提供している。

ビットコイン・ビーチはBTC経済の芽生えの家であり、危機的状況にある銀行を利用できない市民に理想的な解決策を提供している。

コロナウイルスの発生による影響を軽減しようと、ロックダウン状態で経済生産が完全に停止しているため、現在、世界各国が財政的に苦境に立たされている。

アメリカや中国などの経済大国が被害を受けているが、頼れる貨幣システムがないまま放置されているのは、銀行を利用できない市民が当たり前のようにいる現金不足の地域だ。

南米の国、エルサルバドルの海岸沿いにある田舎のビーチには、ビットコインビーチと呼ばれる村がある。

現実世界の#ビットコインの取引がモバイルストアで15秒。 現金よりも早く(お釣りを渡すまでに)、クレジットカードよりも間違いなく早い。 エルサルバドルの農村部では、銀行を利用できない人々がビットコインを使っている。これは本当の話だ。

村の公式ツイッターアカウントがシェアした動画では、時価総額で代表的な仮想通貨(暗号資産)の採用を促進しており、村人が非接触型のモバイルアプリを使って卵を購入している姿が見られる。これは理想的であり、流行中に現金を避ける方法としてウォルド保健機構が推奨しているとさえ言われている。

これらのモバイル決済はビットコインで行われており、銀行口座やVenmo、または他のオプションではない。

地元の人々はそのスピードのためにビットコインを好むが、地域の多くの人々が伝統的な銀行のソリューションにアクセスできないため、ビットコインは必要不可欠なものでもある。

コロナウイルスが世界中、特にエルサルバドルの経済にさらなる影響を与える中、ビットコインは物理的な形を持たずに存在できる通貨としての力を発揮している。

先月だけでも5BTC以上が地元の村人に配布され、BTC送金の恩恵を受けている350以上の家族に商品を販売することで、地元のビジネスがビジネスを継続できるように支援している。

ビットコインは過去の危機から生まれたもので、今の危機を乗り切るために使われている。

ビットコインは、前回の大きな経済危機から生まれたもので、現在の経済危機の間にも、すでに仮想通貨(暗号資産)がいかに重要であるかを示している。ビットコインは、他のすべての伝統的な銀行が崩壊したとしても、銀行員ではない人々に解決策を提供できるだけでなく、インフレに強く、非接触型の支払い方法でもある。

経済危機の圧力の下で小規模な経済が崩壊する中、ビットコインは、どこに住んでいても、銀行を利用できない人々のためのソリューションとしての役割を果たすことで、その価値を証明し続けることができる。

(翻訳元:bitcoinist.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)