ビットコインは既に「半減期下げ」している?割れる意見

ビットコインの待望のマイニング報酬半減が本日未明に行われた。ビットコインは、このイベントと連動して目立ったボラティリティは見られず、ブロック報酬削減の直後の数時間でハッシュレートがわずかに低下しただけだった。


マイニング報酬が半減した結果、長期的にはビットコインにとって強気になることは間違いありないが、短期的にはBTCの価格に与える影響については、まだ広く議論されている。

トレーダーの間でのセンチメントに関するデータによると、市場参加者は、ビットコインが半減期後に高騰や暴落を見せるかどうかについて、まだ意見が分かれているようだ。

しかし、テクニカル分析によると、強気がしっかりとコントロールしており、「事実で売る」という下落はすでに過ぎ去ったことを示唆しているように思われる。

トレーダーはビットコインが次にどこに行くのかを注意深く観察している。ビットコインの半減はつい数時間前に完了し、ビットコインのブロック報酬は50%減少し、インフレ率は年率1.8%にまで低下した。

この半減期を経過した際、ビットコインの価格の動きはかなり活発ではなかった。半減期の直前には、8,100ドルの安値まで急落したが、この下落はすぐに買い圧力に吸収され、8,000ドル台半ばに戻ってくる。

半減期がビットコインの価格行動に短期的な強気の影響を与えるケースは、主に、マイナーが新たに採掘したビットコインを売却するのではなく、より多くのビットコインを保有し始めるという考え方が中心となっている。

一方で、半減期によって引き起こされるマイニング報酬の減少を相殺するのに役立つため、これらのマイナーは、その価格が高く評価されると、ビットコインを販売しようとする。

しかし、ブロックチェーン分析会社であるサンティメントのデータによると、半減期のビットコインに対する短期的な価格への影響に関するセンチメントが混在しているため、このシナリオが実現するかどうかについてはトレーダーの間で意見が分かれている。

「ビットコインの半減期が公式に行われたことに対する群衆のセンチメントは入り混じっており、多くのトレーダーは、どの価格変動理論を支持すべきか、どちらが実現する可能性が高いかを見極めようと奔走している」

Bitcoin
ソーシャルメディアのセンチメント分析。水色が買い、赤色が売りのセンチメント。

BTCはすでに「半減期下げ」済みなのか?

ビットコインは最近、10,000ドルの高値から8,100ドルの安値へと顕著に下落した。それはビットコインがすでに”事実で売られた(sell the fact)”という可能性を示している。

この可能性は、人気のある暗号資産アナリストのルーク・マーティン氏が、半減期後の下落がすでに行われていると考えていると説明したことから、この可能性が示唆された。

“ビットコインは、半減期前の5日間で20%近く下落した。もしあなたが「事実で売る」ような半減期後の反応を探しているのであれば、それはすでに起こっていると思う。歴史的に、上昇トレンド中のBTCの20%の下落は、良い買いのチャンスだった。上昇トレンドが終わっていなければ… “

(翻訳元:newsBTC

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)