【悲報】中国によるビットコインの中央集権化が進行、半減期でグローバル化が進むか?

あらゆる行動、特に市場に課せられた行動には、通常、「見える効果」と「見えない効果」の2つのタイプがある。ビットコインの半減期の場合、目に見える効果は暗号資産の価格の変化であり、目に見えない効果はハッシュレートの分布の動きになる。


様々なインターネットフォーラムで定期的に議論されているように、価格が焦点となっているが、もし特定の出来事が重なれば、ハッシュレートはさらに変動する可能性がある。

中国はCOVID-19パンデミックの震源地であると同時に、ビットコインのマイニングの震源地でもある。ケンブリッジ大学のCenter for Alternative Financeによると、世界のビットコインの保有比率の65.08%がアジアの巨大企業に集中している。

ビットコインの世界的なハッシュレート分布|出典: CBECI

この数字は、BTC.com、Poolin、ViaBTCが提供するデータによると、総ハッシュレートの月平均シェアに基づいている。前述の3つのマイニングプールは、過去24時間の間に、49ブロックをまとめて採掘した。

中国のマイナーの中央集権化についての質問に対して、マイニングプールPoolinのVPであるAlejandro De La Torre氏は、HashR8ポッドキャストのパネルディスカッションの一部として、「中国はビットコインの初期段階では “適切な時期に適切な場所にいた “が、今では “マイナーは世界中に枝分かれしている」と述べた。「ビットコインが世界中でヘッドラインを掴み続けると、ハッシュレートもそれに追随し、中国の中央集権化から脱却するだろう」と同氏は付け加えた。

同じパネルで講演したSlush PoolのEdward Evenson氏は、中国以外の国のマイニング機器の出荷は、世界的な供給停止といくつかの国でのロックダウンのために妨げられていると述べた。

しかし、「世界の総ネットワークシェア」は中国以外の国では、特に「雨季(モンスーン)ではない時期」には、マイナーは安価な水力発電に頼り、増加するだろう。乾期には、ロシア、カザフスタン、カナダ、米国のように「安価な電力へのアクセス」がある国は、世界のハッシュレートを上昇させることができる。

パンデミックが治まるか、各国が経済を再開する自信を持てるようになれば、中国以外の国の電力コストの低下と相まって、グローバルなサプライチェーンが回復し、グローバルなハッシュレートの移動が見られるようになるだろう。

(翻訳元:ambcrypto

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)