【朗報】ビットコインさん、1日の取引量が過去最高を記録【半減期】

ビットコインの取引量は、価格行動に影響を与える重要な変数だ。2020年4月30日、ビットコインが8,000ドルのレジスタンスレベルを突破しビットコイン価格が9,000ドルに向けて走り出した日、Binance、OkEx、Coinbaseで記録的な取引量が登録された。これらの取引所は人気が高く、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所の3つだ。


具体的には、Binanceが32億ドル、OkExが25億ドルの取引量を計上したのに対し、米国に拠点を置くCoinbaseは8億1800万ドルの取引量を記録した。興味深いことに、これはビットコインの半減期の約1週間前のことで、トレーダーはBTCの上昇が予測される半減期から利益を得ようとしている。

ビットコイン半減期は取引量を急騰させる 

一方、ピアツーピア取引プラットフォームからのBTC取引量は、有用なチューリップが発表したデータによると、2017年の高値を超えている。同時に、CMEビットコインオプションの取引量が5月5日に過去最高を更新したように、投資機関からの資金流入も相次いでいる。

ビットコイン価格は現在、重要な心理的マークである10,000ドルから300ドルの9,700ドル台を行ったり来たりしている。

Bitcoin Price Performance

取引量(出来高)は投資家の関心度を測る指標

価格を決定する変数はいくつかある。仮想通貨(暗号資産)のユニークさを考えると、プライスアクションと上昇の期待以外に、取引量は人気をテストするための指標として使用することができ、したがって、流動性がある。

取引量が多ければ多いほど、流動性が高くなり、プライスアクションによっては、急騰した場合には、ベアまたはブルのエントリーを示すことができる。

4月に入ってからは、前述したように、4月15日と16日のダブルバーの強気の反転パターンを確認し、最も重要なのは3月12日の「暗黒の木曜日」の損失を反転させるブレイクアウトパターンで8,000ドルを突破したことだ。

3月12日、ビットコイン価格は8,000ドル付近から急落し、一時3,800ドルの安値まで下落した。

半減期が関心を集め、ヘッジファンドがビットコイン先物に投資

取引量がわずかに減少しているにもかかわらず、取引コミュニティからの関心がある。需要や供給に応じて高値と縮小の間で変動しているが、来るべき半減期イベントはビットコインに資本を引き寄せている。

デジタル資産であるビットコインは、安全な資産である金を上回るパフォーマンスを示し、億万長者のヘッジファンド・マネージャーであるポール・チューダー・ジョーンズ氏はビットコインを数ある資産クラスの中で「最速の馬」と評している。

彼のヘッジファンドは、運用資産380億ドルの一部をビットコイン先物に割り当てることを許可されている。

(翻訳元:CoinGape

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)