ビットコインの半減期は7000ドル以上の強気を誘発するのに失敗

ビットコイン[BTC]価格は、7000ドル以上のサポートを維持することに失敗したため、最終日の終わりに向かって7%以上下落した。


ビットコインの週足終値は6910ドル付近で、価格はサポートからさらに下落して6550ドルの安値を試している。終値のローソク足も下落になっていた。現在、価格はまた、6850ドルで50と200の間の中間ラインの下で取引されている。

btcusd weekly
BitstampのBTC/USD 1週間チャート (TradingView)

それにもかかわらず、トレーダーはCMEギャップを7290ドルまで補充することに注目するかもしれないので、CMEギャップは短期的な強気の指標になるかもしれない。日足でも、価格は50日移動平均線(指数移動平均線)を否定し、7200ドルがレジスタンスラインとなっている。。

4月13日5時00分UTCでのビットコイン[BTC]の価格は6710ドルだ。

ピーター・ブラント氏の削除されたツイート

半減期まで残り1ヶ月を切ったまま、ビットコイン[BTC]は弱気の勢いで半減期に突入することになる。

モメンタム指標であるJ.ウェルズ・ワイルダーが開発した市場指標「RSI」が50を割り込んでおり、売られすぎの領域に向かっている。過去の相場では、この半値近く(青と赤のドット)で強気の傾きが強まっていたが、今回の半値近くでも、強気の傾きが強まっている。

さらに、コロナウイルスの危機が世界を覆っている現在のマクロ経済環境は、根本的にビットコインの使用のための議論を活性化させている。政府と連邦準備制度理事会からの経済刺激は、分散化とビットコインの常時供給を促進する動きを活性化させている。

しかし、最近では、BTCは金のようなセーフヘブン資産よりも、株式市場との強い相関関係を示している。

ベテラントレーダーでチャートアナリストのピーター・ブラント氏は、価格がサポートを下回り、弱気の「頭と肩のパターン」を確認する弱気のチャートをツイートした。しかし、Crypto Twitterの「不愉快」な振る舞いを理由に、すぐにツイートを削除した。ツイートの内容は、

取引には古い格言がある。上昇するに足るすべての材料があるにもかかわらず上昇しない市場は、上昇することはあり得ない。

peter brandt chart on bitcoin
BTC/USDの価格分析チャート(出典:削除されたツイート)

サポートからのブレイク後の目標は5,900~6,000ドル前後が予想される。

(翻訳元:coingape.com

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

日本の仮想通貨(暗号資産)取引所DeCurretが2500万ドルの新規株式を発行

月 4月 13 , 2020
日本の巨大な公共交通機関の決済手段として利用される暗号通貨を推進する取引所DeCurretが、資本金を再編した。