ビットコインのグーグル検索数が3月以前のレベルに低下

note:本記事はANATOL ANTONOVICI氏の記事の翻訳記事です。

グーグルでのビットコインの検索数は3月以前のレベルにまで低下しており、危機が迫りつつある中で比較的安全な場面であるにもかかわらず、仮想通貨(暗号資産)への関心が低下している可能性があることを示唆している。

暴落を懸念した投資家

Google Trendsのデータによると、ビットコインへの関心が世界的に徐々に以前の水準にまで低下していることが明らかになった。先月、「ビットコイン」という言葉のGoogle検索が急上昇し、株式市場が数年来の安値に暴落した翌日の3月13日には、12ヶ月ぶりの高値をほぼ記録した。この暴落は、コロナウイルスパニックと、ヨーロッパ、アジア、北米を含む全大陸の政府が課した積極的なロックダウン措置の結果であった。

多くの人が職を失ったことを考えると、貯蓄を温存する方法を模索していたのだろう。米国だけでも、3月28日に終了した週の失業給付申請件数は665万件に急増し、過去最高であり、前例のない数字となった。例えば、それまでの過去最高は100万件を大きく下回っていた。

しかし、ビットコインへの関心が急上昇しているにもかかわらず、世界一の仮想通貨(暗号資産)も暴落し、その価値の半分を失ったことに、多くの人が失望したのではないだろうか。

ビットコイン価格はほとんどの損失を回復しているが、仮想通貨(暗号資産)への関心は、少なくともGoogle Trendsによると、3月以前のレベルにまで低下し続けている。

ビットコインは信頼できる安全な避難所であることを証明するだろう

しかし、仮想通貨(暗号資産)への関心が冷めてしまう可能性があるにもかかわらず、ビットコインは、米ドルのインフレの中で商品やサービスの価格が高騰したときに、安全な避難所としての地位をすぐに証明する可能性が高い。FRBは今、狂ったように現金を注入しており、新しいお金の一部は、すぐに全ての価格に反映されるだろう。明らかに、ビットコインもこれに後押しされるだろう。

今後の半減期イベントと、多くの新規投資家からの関心の高まりが仮想通貨(暗号資産)をサポートすることだろう。

実際、ビットコインはすでに今、1週間で9%以上の上昇を記録している。

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)