【朗報】これからビットコイン、イーサリアム、リップルは上がり続ける

木曜日のクリプトカレンシー市場は、ビットコインに導かれて爆発的に強気市場になっている。全面的に仮想通貨(暗号資産)は二桁の数字で利益を記録している。例えば、ビットコインは過去24時間で17.25%上昇している。それは、17.18%の成長に続くTAGZに密接に追随している。他にも二桁上昇を見せたコインとして、Ethereum (12.48%)、Bitcoin Cash (11.86%)、Bitcoin SV (14.84%)、EOS (10.87%)などがある。

ビットコイン価格の更新

ビットコイン価格はこの日、5%上昇して9,227ドルで取引されている。9,301ドル(現在は短期レジスタンス)で日中高値を達成した。下方調整にもかかわらず、ビットコイン価格は強気トレンドを維持している。同時に、ボラティリティーの高さは、より多くの上昇行動が可能であることを示唆している。強気派にとっては、5月に半減する前に10,000ドル以上で取引することは、20,000ドルに向けての利益のためのステージを設定することになる。したがって、9,000ドル以上のショートを焼き尽くすことが、10,000ドルの方向に進むための重要な要素となる。

イーサリアムの価格更新

世界最大のアルトコインは、強気の波に取り残されていない。実際、3月12日の価格暴落以来、最も改善されたデジタル資産の一つだ。ETH/USDが200ドルを超えてブレイクしたことは、この24時間での進歩に大きく貢献している。さらに、220ドル以上の取引は、それぞれ230ドルと250ドルのレベルに焦点を移している。現在、イーサリアムは、日中3.82%の利益を得た後、223ドルの評価額だ。

リップルの価格更新

リップルの価格は、火曜日にトップ3の中で最初にブレイクアウトしました。0.19ドルのサポートの上にコンソリデーションの期間に続いて、XRPは0.22ドルに触れる高値に急騰した。そして、水曜日に市場全体の強気の波は、リップルを0.23ドルの新しい4月最高値にタッチさせた。

BTC/USD price chart
BTC/USD価格チャート by Tradingview

今後のトップ3通貨の動向から目が離せない。

(翻訳元:CoinGape.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)