ビットコインが2度目の7800ドルまで噴火、1000万ドルのショートを焼き尽くす

週足の高値から7,490ドルまで後退した後、ビットコインは日曜日の日足のローソク足の終値の前後に急上昇し、この記事の執筆時点では数分前には7,780ドルまで上昇している。これは、毎日の安値から4%の上昇を表している。


Skew.comのデータによると、アナリストやトレーダーはこのような動きが起こることをほとんど認識しておらず、同サイトは過去1時間だけで1000万ドル相当のBitMEXショートポジションが清算されたと報告している。これは、過去48時間の間に数百万ドル規模の清算イベントが相次いだ後のことだ。

Bitcoin price

このような最近の価格行動により、ビットコインが今後数日のうちにさらに新しい高値を設定するための圧力が高まっている。

ビットコインの大きなブレイクアウト到来

ブロックウェア・ソリューションズのCEOであり、ヘッジファンド・マネージャーでもあるマット・ドゥーザ氏は最近、ツイッターで、ビットコインがさらに上昇する可能性があると確信していると発言した。

暗号投資家であり経営者でもある同氏は、ビットコインを7,500ドル以下に押し下げようとしているベアは、”水中でバスケットボールを保持しようとしているようなものだ “と考えていると述べた。”自然の摂理と戦うな “と彼は付け加え、今後数日と数週間でBTCのポップが高くなるのはほぼ避けられないという彼のセンチメントを述べている。

この楽観的なセンチメントを裏付けるように、ドゥーザ氏は過去数週間のビットコインの価格行動を指摘し、それがどのように構造的に14,000ドルへの200%のブレイクアウト前の2019年4月の蓄積に似ているかを指摘している。

BTC chart

彼は、3月のクラッシュでビットコインの採掘難易度とハッシュレートが低下し、”ネットワークからの販売圧力を取り除く “と付け加えた。

これは別のアナリストによって共鳴され、ビットコインの現在進行中のブレイクアウトは2019年の開始時に見られたものと非常に類似しており、それが価格を3,000ドル台から14,000ドル台に持って行った2019年の強気市場と同じ状態がみられていると指摘されている。


“2019年2月は、14ヶ月間の弱気市場からの強気フラグの反転をマークしました。2020年4月は、同様のブレイクアウトのために設定されている可能性があるように見えます。これはあなたへの警告です。ビットコインを買いましょう。”

先行きはどうなる

重要なのは、ビットコインが上昇を続ける場合、プルバックのリスクがあるということだ。

以前にBitcoinistで報告されたように、アナリストでテクニカル分析の著者であるタイラー・D・コーツ氏は、BTCが過去9年間のビットコインの価格変動のすべてを含んだ対数成長曲線(~8,100ドル~8,300ドル)の底に急速に近づいていると指摘している。

歴史的な観点からビットコインにとってのこの水準の重要性を考えると、この曲線は、強気な見方をするトレーダーがそれを取り戻すまで前に進む重要なレジスタンスとして機能する可能性が高い。

(翻訳元:Bitcoinist.com

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

仮想通貨(暗号資産)取引所HuobiがアルトコインHIVEを上場、直後に600%の急騰

月 4月 27 , 2020
Steem(STEEM)のハードフォークであるHive(ハイブ)の価格が、Huobiへの上場を受けて急騰している。