【詐欺】ビットコイン詐欺2020:BTCをかすめ盗る脅迫戦術

2020年に向けてビットコインの電子メール詐欺の数が増加しており、いくつかの国の当局は、ビットコインを要求する脅迫メール詐欺に使用される新たな脅迫戦術に警告を発している。世界がコロナウイルスのパンデミックや経済危機に対処するためにスクランブルになる中、電子メール詐欺は人々の恐怖心を利用してビットコインを恐喝しようとしている。

ビットコインメール詐欺2020

コロナウイルスの危機は多くのパニックを引き起こし、詐欺師は人々の恐怖を利用している。ビットコインのために被害者を脅迫しようとしている人たちは、ビットコイン脅迫メール詐欺が多くの国で報告されているように、国境などおかまいなしだ。

「詐欺師たちは、COVID-19の流行中の恐怖と不確実性の高まりを利用して、複雑な仮想通貨(暗号資産)のエコシステムを通じて、あなたのお金を盗み、資金洗浄を行っています」と、米国連邦捜査局(FBI)は最近警告を出した。連邦捜査局は、ビットコインの支払いを求める電子メール詐欺の増加を見てきた。これらのメール詐欺は、様々な警戒すべき戦術を用いて被害者を脅迫しようとするものであることに注目し、FBIは次のように説明している。

新型コロナウイルスの出現により、この詐欺には新たなひねりが加えられています。詐欺師たちは、支払いがビットコインウォレットに送られない限り、書き手があなたの情報を公開し、あなたやあなたの家族をコロナウイルスに感染させるとするメールをばら撒いています。

Bitcoin Email Scams 2020: Threatening Blackmail Tactics Used to Demand BTC

増殖するセクストーション・メール詐欺

セクストーションとは、ヌード写真などの性的な・プライベートな写真や動画を騙し取り、強請たかりに用いる、脅迫の手口である。

コロナウイルスに焦点を当てたメール詐欺の出現に加えて、ビットコインを要求するセクストーションメール詐欺も、2020年には新しい手口ではないにせよ、増加傾向にある。FacebookやTwitter、Redditなどのソーシャルメディア上で、ビットコインのセクストーション・メールを受け取った人々の体験談がシェアされている。英国とカナダは、ビットコインを要求するセクストーション・メール詐欺の苦情の数が増加している国の一つだ。

セクストーション詐欺では、詐欺師は被害者の性的動画をオンラインで公開すると脅す形態がある。詐欺師は、被害者が訪れたポルノサイトにマルウェアを設置し、ウェブカメラでターゲットの画面を録画できるようにしたと主張することがある。脅迫メールはその後、ビットコインを要求したり、被害者の動画をソーシャルメディアに投稿したりする。カナダ反詐欺センターの最近の説明によると、

よくあるセクストルーションメールは、ポルノサイトを訪問した証拠を持っていると主張し、24~48時間以内にビットコインの支払いを要求するか、あなたの連絡先リストとコンテンツを共有します。

カナダのハルトン地方警察はこのほど、オンタリオ州南部で住民からビットコインを恐喝しようとする詐欺メールが出回っていると警告した。捜査関係者によると、受信者の現在または過去のパスワードを明らかにしてビットコインを要求する同メールについて、30件以上の苦情が寄せられているという。このメールは、ビットコインの支払いが行われない場合、受信者の露骨な動画をオンラインに投稿すると脅している。

Bitcoin Email Scams 2020: Threatening Blackmail Tactics Used to Demand BTC
詐欺師は、被害者の性的動画をオンラインに投稿すると脅すなど、電子メール詐欺では多くの手口を使っている。彼らの目的は、被害者を黙らせるためにビットコインを払い落とすのに十分なほど、被害者に恐怖心を抱かせることだ。

ビットコインのメール詐欺、「汚れた」秘密を漏らすと脅す

セクストーション以外にも、ビットコインの恐喝メール詐欺は、被害者の汚い秘密を漏らすと脅すことがある。米国連邦取引委員会(FTC)は以前、このメール詐欺の手口を次のように説明しています。「誰かが、不倫疑惑やあなたにとって恥ずかしいことを知っていると言い、口止め料としてビットコインや他の暗号資産を使って支払いを要求する」FBIはこう語っている。

詐欺師があなたの個人情報や「汚れた秘密」を知っていると主張し、その情報を公開しないようにビットコインでの支払いを要求する脅迫メールや手紙は、何年も前から出回っています。

メール詐欺師が被害者からビットコインを恐喝するためによく使う脅迫的な手口は他にもいくつかある。ランサムウェア詐欺メールは以前はもっと流行っていましたが、調査によると最近ではその人気は低下している。

サイト内参考記事:コロナウイルスの影響でランサムウェア攻撃が減少

詐欺師の中には、被害者を脅迫して「ビットコインのパスワード」を渡してコインへのアクセス権を奪おうとするものもいる。

詐欺師は、脅迫や高圧的な手口を使って被害者を脅迫し、すぐに支払いを獲得しようとする。FTCは、この行為は詐欺であるだけでなく、犯罪的な恐喝の試みでもあると述べている。同庁は、このような詐欺に遭遇した人は、地元の警察、FBI、FTC、または他国の対応機関などの当局に報告するよう促している。

(翻訳元:news.bitcoin.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)