【朗報】仮想通貨ビットコイン、2020年末に20000ドル

ビットコインは、半減期直前の月曜日に8,180ドルまで下落して以来、水曜日の朝には8,900ドルまで上昇し、力強い復活を遂げている。安値からの10%近くの跳ね返りは印象的だったが、トレーダーはBTCが「大暴騰」する可能性があると考えている。


9,500ドルがビットコイン上昇への鍵となる

ある著名な市場コメンテーターは最近、現在進行中の動きは強気になっているが、ビットコインは “9,500ドルエリアに戻ることで大暴騰の可能性が高まる “との見解を示している。

彼は、この価格は投資家が機会損失への恐怖、つまり “FOMO(fear of missing out) “を感じ始める価格であり、そのためにビットコインへの投資を急ぐ可能性があり、需要が急増するにつれて価格を押し上げるとほのめかしていた。

「もしBTCが9,500ドル台に戻った場合、投資家がビットコインをさらに購入し、価格が大幅に上昇する可能性がある。FRB、半減期、チューダー・ジョーンズを含む要因の合流は、これまで以上に多くの人が注目していることを意味している。価格が暴走し始めてもじっとしていられない資金がたくさんある」

とコメンテーターは自分の意見を共有している。

このコメンテーター以外にも、にも9,500ドルの再生は、強気トレンドの形成のためにも良い兆候である可能性があることを示している人々もいる。

Price chart from @CryptoHornHairs (Twitter)
価格チャートは@CryptoHornHairs(Twitter)より

何が9,500ドルを突破させるのか

アナリストたちは、ビットコインが決定的な9,500ドルの水準を超え、さらにはそれ以上の水準を超えていくのに役立つテクニカル要因とファンダメンタルズ要因の両方が合流していると確信している。

テクニカル要因では、ある著名なトレーダーは最近、ビットコインが2019年の高騰の始まりとなった週足チャートに全く同じトレンドを描いていることを共有した。すなわち、7週間連続で上昇し、その後、トレンドのトップにローソク足の同時線が現れたということだ。

このトレンドが最後に発生した後に続いたのは、3ヶ月ほどのスパンで160%の上昇だった。

つまり、歴史が繰り返されれば、2020年が終わろうとしている時には、ビットコインは20,000ドルに達する可能性があるということだ。

Chart from @GalaxyBTC (Twitter handle) that depicts the similarities between Bitcoin's recent rally and that seen at the start of the 2019 bull run
ビットコインの最近の高騰と2019年の高騰の開始時に見られたものとの間の類似性を描いた@GalaxyBTC(Twitterハンドル)からのチャート

ファンダメンタルズの面では、ギャラクシーデジタルの最高経営責任者マイク・ノボグラッツ氏はCNBCに対し、中央銀行による記録的な量の流動性操作とともに、政府による景気刺激策があれば、ビットコインは年末までに2万ドルに向かって上昇する可能性があると語った。

ポジティブなマクロ見通しとともに、ノヴォグラッツ氏は、50億ドル以上の価値を持つ伝説のマクロ投資家ポール・チューダー・ジョーンズ氏がビットコインに参入することは、非常にポジティブな兆候であると付け加えた。

(翻訳元:Bitcoinist

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)