半減期を迎えるにつれてビットコインキャッシュは7.7%上昇!次はBTCが続くか?

ビットコインは待望の半減期イベントに急速に近づいているが、そのメインフォークが先に始まる。BCHは今日、ブロック報酬の引き下げを行い、BSVは週明けにこれを行う。

BCH、BSV価格が1ヶ月間の高値を更新

ビットコインコミュニティは、3~4年に1度行われる最も重要なイベントの1つである「半減期」に向けて準備を進めている。ブロック630,000の後、ビットコインマイナーの報酬は12.5から6.25に引き下げられる。結果として生じる希少性は、価格を新高値に押し上げると予想されている。

ビットコインのメインフォークであるBCHとBSVは、より早く半減期を迎えることになる。ビットコインキャッシュは、今日の深夜に報酬を切り下げる(本稿執筆時点で、これまでに629,933個が採掘されている)。

Coinmarketcapのデータによると、BCHの価格はすでに急騰しており、直近24時間で7.70%上昇して274ドルとなっている。BCH/BTCの比率も上昇しており、3月7日以来の高水準を記録している。今回の半減期イベントはロジャー・ヴェルの仮想通貨(暗号資産)の需給比率に影響を与えそうですが、BCHコインの約3分の1がフォーク後に動いていないため、少なくとも今のところは思ったよりも希少価値が高いと言える。

一般的に#ビットコインの流通供給量は18.3Mと言われているが、16.0Mと言ったらどうだろう?16.0Mの$BTCの方が、市場に出回っているネイティブ単位の量をよりよく表しているのではないか?

他の場面では、クレイグ・ライトのBSVは明日か木曜日に半減期イベントを経験することになる。しかし、このコインは過去24時間で13%ジャンプし、トップ100コインの中で2番目に良いパフォーマンスをしているので、今のところBCHよりもさらに良いパフォーマンスをしている。BSVは現在213ドルで取引されている。

Bitcoin vs BCH and BSV

BCHとBSVの半減がBTCよりも早く起きているのは、BCHが一時は別のブロックチェーンアルゴリズムに変更され、マイニングの難易度が緩和されたからだ。BSVは2018年11月にBCHからフォークした。一部のアナリストはこの半減期がBCHにとって災難になると予想しており、多くの人がビットコインに移行することを示唆している。

ビットコインは5月に同じように急騰するか?

BCHとBSVの価格上昇を観察してみると非常に面白い。ビットコインも同じことを経験する可能性が高い。メディアの注目とそれに関する一般的な大騒ぎは、一部の投資家が半減気がすでにプライスインしていると主張しているにもかかわらず、おそらく上昇をサポートすることになるだろう。

しかし、BCHとBSVの採掘者はしばらくの間、BTCに移動するだろうから、ビットコインは半減期の前でも強気になるかもしれない。

その上、ビットコインは、市場の混乱とFRBの現金注入の中で、そのセーフヘブンのステータスから恩恵を受けるだろう。

ビットコインの半減は5月13日に起こると予想されている。現在、7,350ドル以下で取引されており、過去24時間で0.60%上昇している。

(翻訳元:Bitcoinist.com)

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)