【衝撃】ビットコインの使用量が過去最高に近づく

bitcoinブロックサイズ
ビットコインネットワークの需要。出典:blockchain.com

ビットコインネットワークの需要は、現在10分ごとに1.27メガバイトの取引データが処理されており、過去最高に近いレベルにある。


過去に処理された最高は2019年2月の1.3MBで、ビットコインは現在、10分ごとに約2MBの容量を持っている。

これは、15秒ブロックを持っているが、バイトによって10分ごとに1MBの最大容量で実行されているイーサリアムの現在の容量の2倍だ。

ビットコインの取引も、2017年12月の40万件と比較して現在は1日34万件と過去最高を更新しているが、チャートを見る限りでは遅れている。

Total bitcoin transactions as of April 2020
2020年4月現在のビットコイン取引

上記のチャートは4月28日に停止しているので、数日分が欠落しており、同様にリアルタイムの入出力チャートも利用できない。

ご存知のように、ビットコインの取引は複雑な問題で、1つの「取引」が多くの異なるアドレスに支払いを送信することができる。

イーサリアムではトランザクションは1つのアドレスへの支払いとしてカウントされるが、ビットコインでは同等のものは、チャートが停止した4月下旬に1日あたり約90万であった出力となり、2017年12月の高値は1日あたり100万トランザクションとなっている。

Total bitcoin transactions as of April 2020
2020年4月時点でのビットコイン取引総額

2009年1月3日のジェネシスブロック以降、ビットコインネットワーク上では合計で5億以上の取引が行われている。

総出力数は不明だが、一般的には取引数の3倍程度のようなので、世界的に分散化された通貨ネットワーク上で15億回の支払いが行われている可能性が高いと考えられる。

May 1st bitcoin stats
5月1日ビットコイン統計

トランザクションの各ブロック内の利用可能な猶予は0.8MBとなっている。それにアクセスするには、1つはSegwit、要は一度物議を醸したアップグレードを使用しなければならないので、それは利用されないかもしれない。一方でその議論は長い間行っているので、現段階では、Segwitの利用が予想されるだろう。

Segwitは、利便性のためにまだ参照されているブロックサイズを変更するが、それは実際の1MBの制限を拡張するものだ。

しかし、現在のところ、利用可能なスペースにはまだ相応の量があり、250バイトのプレーンなトランザクションを使用する代わりに、入力と出力を追加するように、トランザクションに内包することでトランザクションを圧縮するために利用可能な多数の方法がある。

容量が約1.7MBになったら、ビットコインはソフトフォークでアップグレードされる可能性がある。

ソフトフォークは後方互換性があるので、アップグレードされていないノードは、まだ独自のトランザクションとブロックを検証し、変更なしに実行し続けることができる。

ハードフォークで誰もが一度にアップグレードする必要があるまたは彼らは、ネットワークをオフにしている間、ハードフォークは、ブロックサイズの議論のための大きな理由であるその容量を増加させるために必要であったことを最初の信念と。

Segwitのソリューションは、最大容量の半分の容量で2倍の容量のブロックを実現するという手法でそれを回避する。

つまり、2MBしか使えないときに4MBのブロックを利用することができ、容量計画では4MB、できればリスクの計算式に応じてそれ以上の容量を考慮しなければならないということだ。

それにもかかわらず、ビットコインのネットワークが生まれた時点で1日1400万トランザクションの容量が必要だと主張されていたが、それは実際には当時1MBの限られた容量で保証されていたし、今ではsegwitアップグレードされたビットコインネットワークでその容量は倍加する。

Ethereumは2024年にライブになるかもしれないシャーディングの実験を計画しているが、ビットコインはその種のものが実際に動作するかどうかを探っているところだ。

それまでの間、誰もが剪定やシャーディング、あるいは他の多くの実験的なベースレイヤーの潜在的な容量制約の解決策を見つけられない場合に備えて、ビットコインの戦略はムーアの法則の1/10、あるいは1/100の速度で進歩することになりそうだ。

これは、誰もが望むならばビットコインネットワークを使うことを拒否できるということを示しており、つまり、チェーンスプリットフォークは行い得るということである。

(翻訳元・著作権:trustnodes.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)