ビットコイン、35,500ドルの史上最高値を記録

ビットコイン(BTC)は、35,500ドルを超える史上最高値を更新する大胆な上昇を続けている。プレス時には、BTCは15%増の35.320ドルで取引されており、時価総額は6,570億ドルとなっている。

アナリストのKi-Young Ju氏によると、今回のBTC価格の上昇は、機関投資家だけでなく、個人投資家の参加によるものだという。先週末には、Coinbaseの流出額が過去最高を記録しており、機関投資家が3万ドル以上の水準でも買いを入れていることを示唆している。興味深いことに、1月4日(月)にBTC価格が15%修正された一方で、3万ドル以下の急落は、アジアの大口による大規模な売りの後、数時間ですぐに元どおりとなった。

参考:ビットコイン価格、アジアの大口が売りを始めると5000ドル暴落、米市場も追随か?

一方で、取引所のステーブルコインの預金は一貫して増加しており、リテールのFOMOを示唆している。

ウォール街の大物であり、スカイブリッジ・キャピタルの創設者であるアンソニー・スカラムーチ氏は、最近ビットコインのバンドワゴンに参加している。スカラムッチ氏は、MicroStrategyのマイケル・セイラー氏など、BTC投資家にとって2021年は強気の年になると予測している他のベテラン投資家の仲間入りをしている。

スカイブリッジ「金よりもビットコインの方が金である」

スカラムーチ氏のビットコインに関する最新のコメントは、1月4日(月)にスカイブリッジ・ビットコイン・ファンドLPを立ち上げ、2500万ドル以上の初期投資を約束した直後のブルームバーグのインタビューでのものだ。ブルームバーグのインタビューに応じたスカラムーチ氏は次のように述べている。

“ビットコインは、普通の金よりも金らしいという点で普通の金よりも優れている。それにしても、このようなことがあったのだ。環境がより魅力的になり、保管が容易になり、規制が強化されたことで、ビットコインは事実上、デジタルゴールドになると確信している。”

スカラムーチ氏は、ビットコインは確かに多少のボラティリティを示すかもしれないと述べている。しかし、彼はこれを株式公開初期のアマゾンへの投資と比較し、金の壺の上に座っているようなものだと見ている。「これは人々が買って保有(バイ&ホールド)しなければならないものだ」と彼はビットコインについて述べている。

ここ数ヶ月の間に、いくつかのウォール街のベテランがビットコインを支持し、潜在的なインフレヘッジとして見ている。機関投資家が大量に購入しているため、ビットコイン(BTC)の流動性危機は供給不足でさらに激化している。BTCの道は北方向にしか敷かれていない!

参考:速報:ビットコインが35,000ドルを突破

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

リップル(XRP)のネガティブニュースは、仮想通貨市場が成熟した証明だ

水 1月 6 , 2021
米国に拠点を置く大手ブロックチェーン企業リップル社に対する最近の訴訟に続いて、最近のXRPには悪いニ […]