【朗報】ビットコインが重い抵抗を突破、このまま10000ドルまで突っ走るか

ビットコインは、米ドルに対して9,000ドルと9,100ドル付近の主要なレジスタンスゾーンを突破した。BTC価格は勢いを増しており、すぐに9,500ドル以上に上昇し、10,000ドルを試す可能性がある。

ビットコイン、急上昇

昨日、ビットコイン価格が米ドルに対して9,000ドルを突破した場合、ビットコイン価格が強気の勢いを増す可能性があると述べたが、BTC価格は、9,000ドルのレジスタンスと100時間単純移動平均線(SMA)をなんとか突破した。

強気派は、価格を重要な9,100ドルのレジスタンスゾーンの上に押し上げた。BTC/USDペアの1時間足チャートでは、8,910ドル付近のレジスタンスラインを突破し、今週の弱気トレンドラインを否定する形となった。

Bitcoin Price
ビットコイン価格

ビットコインは9,408ドルの高値で取引され、現在は大きな変動は抑えられている。下降局面での最初のサポートは9,120ドルレベル付近にある。これは、8,186ドルの安値から9,408ドルの高値までの最近の上昇の23.6%のフィボナッチリトレースメントレベルに近い。

さらに重要なのは、同じチャート上に9,120ドル付近をサポートとする大きな強気のトレンドラインが形成されていることだ。トレンドラインの下に下降線がある場合、価格は9,000ドルのサポートに向かって下方修正される可能性がある。

上昇側では、$9,400レベルが初期抵抗ゾーンとなっている。主なレジスタンスは$9,500と$9,570レベルの近くにある。強気派が9,570ドルの抵抗線を上抜けた場合、ビットコイン価格は強い上昇を開始する可能性がある。強気派にとっての次の大きなハードルは、10,000ドルレベル付近と見られている。

またもや下落の可能性も

もしビットコインが9,000ドルのサポートを上回らなかった場合、8,800ドルのサポートレベルに向けてさらなる下落が発生する可能性がある。それは8,186ドルの安値から9,408ドルの高値へと上昇している最近の50% フィボナッチリトレースメントレベルに近い。

8,800ドルのサポートゾーンを下回れば、短期的には8,500ドルのサポートに向かって大きく下落する可能性がある。

テクニカル指標

  • MACD – MACDは徐々に強気ゾーンの勢いを失いつつある。
  • 1時間ごとのRSI – BTC/USDのRSIは現在、60を大きく上回っている。
  • 主要サポートレベル – 9,120ドルに続いて9,000ドル。
  • 主要な抵抗レベル – 9,400ドル、9,570ドル、10,000ドル。

(翻訳元:newsBTC

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)