楽しい仮想通貨ライフ!

【朗報】ビットコインさん、Netflixの人気ドラマを追い抜いてTwitterトレンド入りしてしまう

キーワード「ビットコイン」のトレンドは、インドのTwitterで劇的に急増し、金曜日の早い段階で86.2K近くのツイートでピークに達した。ソーシャルメディアの暗号資産への関心は、インドの2ヶ月間のロックダウン中にコロナウイルスよりも関心が高かった強盗グループについてのNetflixのドラマシリーズ「ペーパー・ハウス」を超えて跳躍した。.

一騎当千

興味深いことに、「ペーパー・ハウス」のプロットは、スペインの王立造幣局で数十億ユーロを印刷することによって、最大の銀行強盗を計画する犯罪ギャングを中心に展開する。現実の世界では、中央銀行は、コロナウイルスに起因する経済危機に対応するために、何兆ドルものドルを印刷している。

ビットコインは、このフィクションと現実の貨幣印刷計画の両方を打ち破っている。ビットコインは、億万長者のヘッジファンドマネージャー、ポール・チューダー・ジョーンズが、自分のファンドがビットコイン先物に投資すると発表した直後に、2月の高値を突破した。

彼の投資ノートの中で、ジョーンズ氏は、暗号資産に投資するという決断は、米国連邦準備制度理事会(FRB)のオープンエンドの貨幣印刷政策からヒントを得たことを認めた。ジョーンズ氏は、中央銀行が過大な債務超過の経済を支援するために、「フックの上にある」と主張し、第2次世界大戦後の貨幣印刷がインフレにもつながったことを強調した。

ジョーンズ氏の発表後のビットコインの即時価格の上昇は、いわゆる犯罪的な傾向があるとして暗号通貨を槍玉に上げていたインドのメディアでさえも無視できないものだった。

インドを代表するニュース出版物の一つであるHindustan Timesは、Bloombergと提携して早朝にビットコインに関する記事を掲載した。この記事では、Lunoのビジネス開発責任者であるVijay Ayyar氏のコメントが掲載されている。彼もまた、中央銀行のマネープリンティングが暗号資産の価格に与える影響について論じている。

“FRBやその他の中央銀行による世界的な貨幣印刷は、何があっても経済は支えられるという投資家に多くの自信を与えている “

とAyyar氏はHTに語った。

ビットコインのトレンドが大衆化

ビットコインに関する地元だけでなく、世界的なメディアの報道は、インドでの暗号資産の大衆化を支援した。また、第5位の経済大国であるインドでは、ビットコインが強力な足がかりとなっていることが証明された。特に、銀行部門が荒廃し、人々の日常的な貯蓄を食い物にする恐れがあるためだ。

「最近6ヶ月間でインドで2番目の銀行が潰れました」と、暗号資産に優しい銀行サービスCashaaの創設者であるKumar Gaurav氏は述べている。

「あなたがどれだけ貯金をしていても、50万ルピーまでしか引き出せず、残りは法律ですべて失われる。ビットコインは、これらの組織的な詐欺からの脱出口になり得るのです。」

「ペーパー・ハウス」が次のシーズンに向けて準備を進める中、インド人もビットコインの春に向けて準備を進めている。

Bybit(バイビット)で快適な仮想通貨トレード

BITなどの注目銘柄を購入したり、最大レバレッジ100倍で仮想通貨FX取引が可能な暗号資産取引所Bybit(バイビット)。

先着で必ず10BIT(2~3000円相当)がもらえる!初回入金キャンペーンが開催中です。bybit-campaign