仮想通貨取引所バイナンス、ビットコインの半減期を記念して独自の「半減キャンペーン」を実施

世界がビットコインのブロック報酬のマイルストーンである半減期に向けて準備をしている中、Binanceは独自の「半減キャンペーン」を行っている。


世界がブロック番号#630,000で予想されるビットコインの半減イベントを待つ中、Binanceはアメリカの顧客が取引手数料を50%割引するという節目を祝うための役割を果たしている。

この半減期イベントを記念して、Binanceは、Binance.USのユーザーは、取引所の広告で仮想通貨(暗号資産)を購入して取引を開始すると、取引手数料が半減する(半額になる)になるとアナウンスした。

2020年5月9日に行われた発表では、Twitter上で次のように述べている。

“#Bitcoinhalvingはすぐそこまで来ています。http://Binance.US またはモバイルアプリのBuy Cryptoボタンを使用すると、取引手数料が半額になります。あなたの自宅のソファーから歴史の目撃者になりましょう!”

Binance.US

Binanceによると、キャンペーンはは5月6日午前9時00分ESTから5月17日午前9時00分ESTまで実行されるように設定されており、ユーザーが第3半減期に移行するのを容易にするための施策だ。

「半減期割引」は、Binance. 米国の顧客で、デスクトッププラットフォーム、iOSアプリ、Androidアプリを利用するユーザーに限る。ただし、注文帳取引は取引手数料割引の対象外となる。

アナウンスはさらに、手数料の割引が、表示されている元の取引手数料の半分の額がキャッシュバックで提供されることを周知している。

“取引手数料の半額に相当する購入分の取引手数料キャッシュバックを受け取ることができます。キャッシュバックの報酬は、このプロモーション終了後3営業日以内にお客様のBinance.USウォレットに分配されます。。”

Binance.US

Binanceはここ数日で取引量が爆発的に増加しており、今回のキャンペーンでは、半減期が近づくにつれ、より多くのユーザーがプラットフォームに乗り込むことが期待されている。

(翻訳元:CoinGape.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)