仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスがマイニング市場に正式参入、Binance Poolを発表

Binanceは、初のBinance Poolサービスを正式に開始し、急成長中の仮想通貨(暗号資産)のマイニング部門への別の拡大を発表した。そのマイニングプールであるBinance Poolは、様々なコインやトークンのためのプルーフ・オブ・ワーク(POW)とプルーフ・オブ・ステーク(PoS)サービスを提供する。


ビットコインマイニングを提供するBinance Pool

数日前、Binanceは最初のマイニングされたビットコインブロックを報告するBinanceプールのベータ版を開始した。 Binanceの公式ツイッターで報告されているように、このプールは人気のあるフル・ペイパーシェア(FPPS)モデルを通してビットコインのマイニングと支払いをユーザーに提供することから始まる。

この取り決めでは、2020年6月1日までの間、プールがブロックの採掘に成功するたびに、Binanceが一時的に取引手数料の報酬を支払うことになる。

ブロック627843で、BTC.comの取引手数料報酬は0.17590813 BTCまたは1,359ドルだった。これはBinance Poolが2020年6月1日まで支払う手数料だ。

アナウンスの中で、バイナンスは次のように述べている。

「Binanceは、様々なコインやトークンのためのProof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)サービスを提供するBinance Poolの立ち上げを発表することに興奮している。Binance Poolの最初の製品提供は、FPPS支払い方法を使用したビットコインのマイニングになる。」

Binanceからのこの新サービスは、ビットコインと仮想通貨(暗号資産)のマイニングスペースのための恩恵だ。その上、彼らのエントリはまたタイムリーだ。明らかなように、仮想通貨(暗号資産)のマイニング、特にビットコインは、環境のためだけでなく、マイニングギアに投資し、後でギアがオンになっているたびに冷却、ノイズ減衰、および電気料金を支払う必要があるだけでなく、非常にコストがかかる。

マイニングプールとは、仮想通貨(暗号資産)のマイナーのプールに参加している マイナーの計算リソース、またはハッシュレートを結合し、ブロックを見つけて報酬を得るチャンスを増やすものだ。最も価値のあるBTCが求められているが、ASICが必要となり、報酬獲得の競争は熾烈を極めている。

バイナンスのマイニングとビットコインへの注目度の高まり

Changpeng Zhao(CZ)とBinanceの発表は、彼らがいかに積極的であるかという決意を明らかにしている。

彼らはハッキングされているが、SAFUファンドの存在は信頼を植え付け、そのような望ましくない出来事が発生したときの損失をカバーしている。

注目すべきは、Binanceがハッキングされたとき、取引所はハッキングについて透明性を保ち、被害者に資金が返済されることを安心させると同時に、失敗と侵入を認めたことだろう。

今月初め、BinanceはCoinMarketCap(CMC)を4億ドルで買収したことを発表した。

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)