【バイナンス】Facebookの仮想通貨Libra、「革新的」と賞賛される

取引量で世界最大かつ最も人気のある仮想通貨(暗号資産)取引所であるBinance(バイナンス)は、Libraを賞賛する新しいレポートを発表した。


Libra(リブラ)、大手取引所バイナンスからの評価を受ける

同取引所は、Libra(リブラ)を決済業界の「ゲームチェンジャー」と位置づけており、銀行や従来の金融機関から切り離されていた人々に金融サービスを提供できる可能性があると考えている。同報告書は説明している。

「決済システムは非常に少なく、そのほとんどが中央銀行によって運営されており、地域的な範囲に限られていることに注意することが重要でです。Libraは、SpaceXが宇宙産業にしたことと同じように、決済システムにも影響を与える可能性があります…参入障壁の高い確立された分野の基盤を揺るがすことになるでしょう。広く利用可能なプログラム可能な貨幣を発行するという利点だけで、すでに優位性があります。」

このプロジェクトをSpaceXと比較することで、決済会社が何に苦労してきたのかを読者に理解してもらうことを目的としている。SpaceXは最初に発表されたときも、今日のように多くの技術アナリストが見ているような評判の高い企業になるまでには、いくつかの障害に耐え、それを乗り越えなければならなかった。

Binanceによると、Libraは現在、金融の世界に同様の導入を経験している。多くの人が否定的な見方をしたり、決済エコシステムに革命を起こすことができるとは思っていない。しかし、暗号取引所は、このプロジェクトがすぐに世界最大かつ最も影響力のある決済ツールの1つとして確立されると確信している。

Binance Researchの担当者がコメントしている。

Libraが立ち上げられれば、大規模な小売やビジネスの利用者を対象として経済活動を促進することになり、イノベーションの新たな波を起こし、現在の決済の状況を根本的に変えることができるでしょう。

Libraは、仮想通貨(暗号資産)業界で最も物議を醸しているプロジェクトの一つであることが証明されている。昨年6月に初めて導入され、多くの人がLibraを実現させた責任者であるFacebookと財務情報を共有するというアイデアを嘲笑した。当時、同社はケンブリッジ・アナリティカとの関係によってもたらされた、その傷ついた評判を乗り越えようとしていたところだった。

誰もが信者というわけではない

その結果、多くの議会議員が、経営陣が人々のプライバシーをどのように保護するつもりなのか、また、マネーロンダリングなどの金融犯罪をどのように防止しようとしているのかについて、質問や懸念を持ってLibraを叩きつけた。規制環境が不安定で不明確であることを考えると、PayPalなどのLibra協会のパートナーやメンバーは、Libraを辞めて他の事業に移ったこともある。

Libraは最近になって、その目標や理想を下げざるを得なくなっている。もともとLibraは、不換通貨とステーブルコインのパッケージによって支えられた1つの通貨単位になるはずだった。しかし、コロナウイルスの影響で、経営陣はLibraを視野に入れ、そうでなければ当初のプロジェクトの一部ではなかったであろう、このコインを戦場に持ち込むことになった。

(翻訳元:livebitcoinnews.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)