バイナンス、今四半期史上最高の収益を記録

世界有数のクリプト取引所であるBinanceは、2020年第1四半期のコインバーンの量によって、最も収益性の高い四半期を記録したことが明らかになった。毎四半期、バイナンスコイン(BNB)はその利益の20%をバーンしている。推定では、2020年第1四半期に2億6,233万ドルの利益を示唆している。

第11四半期のBNBバーンでは、Binanceはトークンあたり15.55ドルの現在のレートで、5,240万ドルの価値がある3,373,988BNBをバーンした。取引所のメモによると

これは、BNBと法定通貨のボリュームの両方の面で、これまでに記録された中で最大のBNBバーンです。

前回の高値は2019年の最終四半期に記録されたもので、利益の合計は190ドルだった。

binance coin token burn

2019年第3四半期の9回目の「コインバーン」を経て、累計利益が10億ドルの大台を突破した。為替差益の累計が14億8,700万ドルになったので、4億5,233万増加した試算だ。

Binanceはスポット市場をリードするだけでなく、デリバティブ市場においても十分な優位性を獲得している。さらに、Binanceは最近、取引所でのオプション取引を開始したが、これは事業の成長に役立つだろう。

(翻訳元:coingape.com

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

ジョン・マカフィーが新しい仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを発表

土 4月 18 , 2020
ジョン・マカフィー氏は最近、ゴーストと呼ばれる独自の匿名コインに取り組んでいることを発表した。 マカフィー氏は、ゴーストコインはステークの証明アルゴリズムに支えられ、McAfeeDexの分散型プラットフォーム上のアトミックスワップを利用して、主要な暗号通貨と取引できるようになるだろうとツイートした。