【悲報】仮想通貨取引所BitMEXさん、復活できず

ビットコイン先物市場における取引所は、そのランキングがシャッフルされるだけでなく、取引高の動きが一方で消えて、他方で再び現れ、ひっくり返る。トップの取引所の中にはBinanceとBitMEXがあり、1つはデリバティブ市場の比較的新しい参入者であり、もう1つはこのゲームのベテランだ。かつてはこの理解で正しかったが、現在はまた異なる状況になっている。


Skewマーケットのデータによると、Binanceはビットコイン先物の未決済建玉(OI:Open Interest)が大幅に増加しており、過去の高値よりも急上昇し、3月の急落時に棚上げされていたポジションをすべて元に戻している。

Binance BTC Futures OI|ソース: Skew

2月10日から3月12日の間に、BinanceのBTC先物の建玉は2億5,700万ドルから8,000万ドル以下に減少した。しかし、それ以来、潮目が変わった。

3月12日から4月22日までの間に、EIは7300万ドルから2ヶ月足らずで245%増の2億5200万ドルに増加し、プレス時には前回の高値を上回り、2019年9月のローンチ以来、Binanceの建玉としては最高の2億7000万ドルを記録した。

この成績はBinanceとしては前例があるが、デリバティブ市場全体の一般的な傾向ではない。例えば、市場全体で2番目に高いOIを占めるBitMEXでは、未決済ポジションの緩やかな増加すら見られなかった。

BitMEX BTC先物 OI|出典:skew

急落後の3月12日、その建玉は5億9300万ドルに達し、プレスタイムでは5億8600万ドルとなっている。その期間に、このセイシェルを拠点とする取引所BiTMEXが蓄積した最高の建玉は、4月21日に記録された6億3600万ドルだった。

参考記事:BinanceなどがBitMEXを抜いて最も利用されているビットコイン・デリバティブ取引所に

BinanceとBitMEXは両極端の存在であり、一方では失われた全てのOIを回復しており、他方ではその復活が始まっていない。OKExやHuobiのような他の取引所は、毎日15億ドル以上の取引量を定期的に保有ししているが、それぞれ58%と66%を回復しており、中間に位置している。

全体像を見ると、Binanceの取引量の急増と、OIに反映されたBitMEXの取引量の減少は、デリバティブトレーダーの取引のシフトを明らかにしている。市場の大規模なボラティリティとBitMEXによって提供された3桁のレバレッジにもかかわらず、BitMEXは1日の取引枠と比較して大規模な取引量を確保することができなかった。

(翻訳元:ambcrypto.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)