BinanceなどがBitMEXを抜いて最も利用されているビットコイン・デリバティブ取引所に

note:これはNick Chong氏の記事の翻訳記事です。

CryptoSlateが過去数週間にわたって広範囲に詳述しているように、3月12日のBitcoinフラッシュクラッシュ以来、仮想通貨(暗号資産)市場のダイナミックさは劇的に変化している。

データは、BitMEX(取引高トップの仮想通貨(暗号資産)デリバティブ取引所は、ユーザーが代替取引所のためのプラットフォームを放棄しているように見えること、そしてユーザの移動によって特に影響を受けていることを示している。

BitMEXがトップ3のビットコインデリバティブ取引所から転落

著名な仮想通貨(暗号資産)トレーダーであり、マイクロソフトのAI/クラウド専門家であるジョー・マッキャン氏が共有したデータによると、3月29日の時点で、BitMEXのデリバティブ(ビットコインからアルトコインペアまで)の報告された取引量は、Binance、OKEx、Huobi Globalのデリバティブの報告された取引量に追い抜かれている。

実際、データによると、BitMEXのコントラクトは過去24時間で14億6000万ドル相当の取引を見たのに対し、トップのデリバティブ取引所であるHuobiは20億ドル相当のコントラクトが取引されているのを見ており、その差は約37%にも及んでいる。

これはBitMEXの優位性からの大きなシフトであり、それは、取引所が1日で160億ドル相当の取引を行ったことに象徴されている。

トップのビットコイン取引所

BitMEXの契約の使用量が最近減少していることは、仮想通貨(暗号資産)分析サイトTokenAnalystのデータによって裏付けられている。これは、過去2週間に渡ってBitMEXから出金されたBitcoinの数が入金された数を上回っていることを示している。

取引所がKYCサポートを追加しようとしているという噂も含めて、この傾向が起きた理由を説明するには多くの理由がある。また、一部では、この取引所が3月12日にDDoS攻撃を受けたという事実を理由に、この取引所が衰退したとする説もある。

BitMEXのウェブサイトのトラフィックは増加

しかし、これに反して、AmazonのAlexaウェブトラッカーのデータによると、BitMEXの「グローバル・インターネット・エンゲージメント」ランキングは、3月12日時点の35,192から3月27日時点の34,532に上昇し、クラッシュ以来、より多くのクリックを得ていることが示唆されています。

しかし、サイトのAlexaランキングは、サイトが取得するビューの数に基づいて100%ではなく、潜在的に減少しているボリュームと上昇しているウェブサイトのランキングの間の偏差を占めていることに留意が必要だ。

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)

2 thoughts on “BinanceなどがBitMEXを抜いて最も利用されているビットコイン・デリバティブ取引所に

Comments are closed.