【アルトコイン紹介】Peony Coin:電子取引業界の効率化を目指した仮想通貨(暗号資産)

Eコマースと金融技術(フィンテック)は、過去10年間で最も急速に進化している技術だ。買い手、売り手、出荷業者など、複数の利害関係者が関与する電子商取引チェーンでは、取引には複数のレイヤーが存在する。

従来の不換紙幣を使った支払い方法では、支払いの各層でサービス料が発生する。これでは最終的に最終製品のコストが高くなってしまう。

Peony Coinは、ピアツーピアの電子商取引を提供する不換紙幣の代替として機能する分散型の暗号通貨プロジェクトの一つだ。インターネット消費者の究極の利益を念頭に置いて、Peony Coinは効率的に取引のスピード、手頃な価格、安全性の問題を処理する。

Peony Coinの背後にあるチームは、新しい産業パートナーシップを通じて素晴らしい製品を提供することで、電子商取引の小売市場に新しいソリューションを提供することに取り組んでいる。小売業者と消費者の間に透明で安全な取引を提供することで、分散型ブロックチェーン技術の本質的な機能をすべて活用している。

Peony(ピオニー:牡丹) Coinの名前は、繁栄、寄付者、幸運を象徴する牡丹の花に由来している。

Peony Coinの技術仕様

ビットコインと同じように、Peony Coinは最大供給量が2100万で、ティッカーシンボルは$PNYだ。そのネイティブブロックチェーンネットワークはQuarkアルゴリズムを使用し、プルーフオブステーク(PoS)+マスターノードコンセンサスモデルを展開している。Peony Coinのブロックチェーンネットワークのブロック時間はわずか60秒だ。つまり、1分ごとに新しいブロックが追加されている。

プラットフォームは、残りの20%がPeony CoinのステークのためのPoS報酬である一方で、全体の報酬の80%がMasternodeに行くようにブロック報酬を配布する。より多くの参加を保証するために、ブロック報酬はより多くのブロックがブロックチェーンに追加されると徐々に増加していく。配分は以下の通りだ。

ブロックの数と報酬

425000~630000ブロック – 5000 PNY

630000-855000ブロック – 10000 PNY

855000ブロック以降- 20000 PNY

マスターノードを手動で設置する場合は、Peony社が公開している詳細なガイドに従ってほしい。

シンプルなPoSプールにPeony Coinコールドステーキング機能を搭載

今年の初め、2020年2月にSimple PoS PoolはPeony Coinのコールドステーク機能を有効にしていた。Peony CoinはPIVX暗号通貨のフォーク出力であるため、このコールドステーク機能はPIVXプラットフォームのアップデートとして到着した。

では、コールドステークのコンセプトとははんだろうか?さて、伝統的なPoS仮想通貨(暗号資産)では、ステーク報酬を受け取るためには、常時いくつかの最小コインを持っている必要がある。

コールドステーク機能を使えば、ユーザーはコインを送ったり、24時間365日オンラインで財布を持つ必要はないのだ。あなただけのシンプルなPoSプールにあなたのPNYコインを委任することができる。

Simple PoS Poolは大規模に運営されているため、そのウォレットは24時間365日オンラインで利用できます。したがって、Peonyのコールドステーク機能を使えば、ユーザーはウォレットをオンラインにしなくても報酬を獲得し続けることができる。コールドステークの全手順は、Simple PoS Poolのウェブサイトで詳しく説明されている。

Peony Coin(PNY)のウォレットと取引所

Peony Coin(PNY)のウォレットは、Windows、Mac、およびLinuxプラットフォームで利用可能だ。その上、1つはCrex24、Graviex、Stex、およびBirakeネットワークのような仮想通貨(暗号資産)取引プラットフォームでPNYを購入し、交換することができる。

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスのCEOが警告:iPhoneのセキュリティ欠陥には対策が必要

日 4月 26 , 2020
BinanceのCEOは、iPhoneやiPadに新たに発見されたセキュリティ上の欠陥について、仮想通貨(暗号資産)トレーダーに警告を発している。