【犯罪】オーストラリア人女性が300万ドル以上の仮想通貨を違法に交換したとして起訴

50代のオーストラリア人女性が、ビットコインを含む300万ドル相当の暗号資産を違法に交換したとして、ニューサウスウェールズ州警察に起訴された。


9News Australiaが報じたところによると、ニューサウスウェールズ州(NSW)サイバー犯罪班の刑事が木曜日にシドニーのバーウッドにあるショッピングセンターの外で車の捜索を行い、現金6万豪ドル(38,736ドル)とビットコイン3.8ビットコインをハードウォレットに入れていたのを発見したことから、この女性を起訴したという。

サイバー犯罪捜査班のマット・クラフト警視総監は、州内の「非準拠のデジタル通貨プロバイダー」に関連した捜査班による初の逮捕であり、報告書によると、オーストラリアでは初めての逮捕となるかもしれないと述べた。

「今後数年の間により多くの逮捕者が出ると考えています」とクラフト総監は述べた。おそらく現在も違法な仮想通貨販売を行っている犯罪者に対処していると思われる。

今回の逮捕は、ニューサウスウェールズ州でのオンラインマネーロンダリング活動を調査するために2018年末に設置されたサイバー犯罪部隊のストライクフォース・ケリワフによる相次ぐ調査に続いて行われたものだ。報告書によると、この女性は仮想通貨マネーロンダリングのシンジケートに関与していると考えられているという。

また、捜査官は、女性が逮捕された直後、同じくシドニーのハーツビルにある女性の住宅地を捜索し、デジタル記憶装置、コンピューター、携帯電話とともに、18,200豪ドル(11,749米ドル)相当のビットコインが入った仮想通貨ウォレットを押収した。

捜査はAUSTRAC(オーストラリア取引報告分析センター)とオーストラリア犯罪情報委員会(ACIC)の協力のもとに行われた。

この女性は、故意に犯罪収益を扱った罪と、デジタル通貨交換サービスに関連する要件違反の3つの訴因で起訴されている。警察によると、この女性は2017年以降、500万豪ドル(322万米ドル)以上の価値のあるビットコインを取引したと法廷で主張される予定だという。

2018年4月には、同国のマネーロンダリング防止およびテロ資金対策法(2006年)の改正が導入された。これらは、同法の適用範囲を拡大し、暗号資産取引所の規制を含むようになった。

(翻訳元:Coindesk

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)