ビットコインが6,000ドル以下に暴落する3つの理由

ビットコインは、ほぼ10%の損失で前の週を閉じた。短期的なレジスタンスライン(10,000ドル)以上の上昇に失敗した後に、下降の動きが現れた。価格は最終的に9,100ドルの上に戻って反発した後、今週初めに8,700ドルに向かって暴落した。


ビットコインの価格の動きは、トレーダー間のバイアスの対立をほのめかしている。9,500ドル以上のローカルトップ付近では、トレーダーの買い心理は弱くなっているように見えた。

同時に、トレーダーは8,700ドル付近のビットコインのサポートレベルを守り、次の方向性を選ぶことなく、適度に広いコンソリデーションレンジを形成している。

それは、アナリストが古いフラクタルの中にヒントを探すことにつながる。少なくとも3つの重要なテクニカル要因とファンダメンタル要因の組み合わせは、次の動きが非常に弱気であり、6,000ドル以下のレベルに潜んでいるダウンサイドターゲットと予測している。

#1 歴史的に引き起こされる30~40%のビットコイン価格下落サイクル

ビットコインが7,000ドルを下回るリスクがある第一の理由は、放物線的な価格上昇に対する歴史的な反応だ。

著名アナリストのジョシュ・レイガー氏は、2019年にビットコインがアップサイドラリーで14,000ドル付近を目指す途中だったときに、フラクタルの発生を強調した。

彼は、ビットコインは通常、その価格が爆発した後、平均で30-40パーセントの引き戻しを記録し、ビットコインの11年間の歴史でそのような動きの8つに言及していることを指摘した。

レイガー氏が、ビットコインの次の引き戻しは2019年7月か8月のどちらかに来るだろうと予測していたのは正しかった。事実、ビットコインは、ほぼ14,000ドルを頂点として40%以上下落した。

同様に、2019年12月と2020年2月の間の次の放物線的な動きも60%の弱気の修正と同様に、延長された。

それは、4,000ドル以下の安値から10,000ドル以上の高値までの別の爆発的な価格の上昇に続いている。ビットコインは2020年5月7日に放物線をブレイクした。

bitcoin, cryptocurrency, btcusd, btcusdt, xbtusd, crypto
BTCUSDが2年ぶり3度目の放物線をブレイク|出典: TradingView

フラクタルは現在、少なくとも30~40%の価格修正を示唆している。これにより、ビットコインの中期的な下値目標は6,800ドルから5,928ドルの間になる。

#2 S&P500のセンチメントは下降気味

ビットコインの弱気なテクニカルには、マクロ経済のセンチメントの裏付けがある。

S&P500指数との相関関係が2020年3月以降も正のままなので、仮想通貨は下方修正のリスクがある。ビットコインと米国ベンチマークの両方を牽引してきた触媒には、米連邦準備制度理事会(FRB)の開放的な景気刺激策が含まれている。

米国の中央銀行は、前例のない債券購入プログラムと金利をゼロに近い水準に維持することで、低迷する経済を支援することを約束している。

米国の中央銀行は前例のない国債購入プログラムを実施し、金利をゼロに近い水準に維持することで、低迷する経済を支援することを約束している。このことが、インデックスのリスクを高めている。

spx, s&p500
S&P400が200日移動平均線を突破|出典: TradingView.com

2020年2月から3月にかけての株式市場の下落は、ビットコイン市場にも同様の暴落をもたらした。

投資家は当時利益を上げていたビットコインのポジションを捨て、追証をカバーするため、安全な場所として現金を求めるため、あるいは世界的な市場の暴落で損失を相殺するために投資を行ったと観察者は指摘している。金も同様に下落した。

別のS&P 500の可能性があるため、ビットコインは1万ドル台半ばの修正を、より新しい局所的安値にまで延長するリスクがある。

#3 長期下降トレンドライン

ビットコインの長期的な強気サインを停止させる兆候のある別のフラクタルは、長期的な下降トレンドラインだ。

bitcoin, cryptocurrency, btcusd, btcusdt, xbtusd, crypto
出典:TradingView

上のチャートにあるように、ビットコインは下落している赤いライン付近で強気バイアスを維持することができなかった。これまでの放物線サイクルのそれぞれが、この水準付近で消耗している。ビットコインの最近の10,000ドルからの価格修正もトレンドラインから始まった。

そのため、より深い下落の可能性が高まっている。一方、200日移動平均線(オレンジ色)は、伝統的にトレーダーの投げ売りエリアとして機能してくる。赤色のバーで示されているように、この波は現在、6,000ドル以下の領域に沈んでいる。

これはさらに、ビットコインが今後の四半期に5,928-6,800ドルのエリアを試す可能性があることを示している。

(翻訳元:bitcoinist

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)