グレイスケール、ライトコイン・ホールディングスに174,000 LTCを追加。アルトコインの価格は反応なし

レポートによると、グレイスケールは先月、17万4000トークンをライトコイン(Litecoin)の保有量に追加した。これにより、グレイスケールのライトコインの総保有数は144万個になった。この買収に続いて、先月に採掘された全ライトコインの80%に相当するこの買収により、グレイスケールのアルトコインの保有総額は2億4800万ドル強になった。

Grayscale Adds 174k LTC to Its Litecoin Holdings— Price of the Altcoin Unresponsive

しかし、グレイスケール・インベストメンツによる大規模な買収を受けて、LTCの値動きは供給動態の変化とは無関係のようだ。例えば、Messariのデータによると、ライトコインが200ドルを超えたのは2月12日から22日の間だけだった。しかし、それ以来、価格は2月25日を唯一の例外として、200ドル以下の水準に戻っている。本稿執筆時点では、ライトコインは190ドル以上で取引されている。

Grayscale Adds 174k LTC to Its Litecoin Holdings— Price of the Altcoin Unresponsive

一方、ツイッター上では、一部のユーザーがグレイスケールの大量買い付けに続いて、ライトコインがポンピングに失敗したことに疑問を呈している。例えば、あるTwitterユーザーのCarolyn Bambergerは、価格がパンプアップしていない理由を尋ねている。これに対し、ライトコインチームは次のように述べている。

このような大規模な注文は通常、市場にすぐに影響を与えないようにOTCデスク(大口専用の取引窓口)を通じて購入される。このため、供給ショックが遅れているのではないかという憶測もあります。

それでも、他のユーザーはこの説明に納得できないままだが、少数の支持者は価格の急騰がすぐに起こると信じている。

Grayscale Adds 174k LTC to Its Litecoin Holdings— Price of the Altcoin Unresponsive

(大口専用のOTCデスク? 遅れてる時間を教えてくれるチャートはあるんですか??時間、日、週、月単位で?それがわかると面白いんだけど)

(いいえ、OTCは追跡されてないです。だからOTCで買うんです、すぐに価格が急騰しないようにね。彼らは安いコインをたくさん欲しがっているから)

(でも問題はライトコインが上がるまでどのくらいかかるかでしょ?1週間、それとも1ヶ月、またどうなの?)

(推測するのは難しいですけど、ヒストリカルデータに何かあれば、すぐに知らせますよ)

一方、ライトコインチームが共有したデータによると、同期間にグレイスケールは243,000ETH以上を追加した。この追加は、2020年3月1日の時点で、グレイスケールが保有しているETHトークンは合計で約48億6000万ドルの価値がある317万ETHとなったことを意味している。

対照的に、グレイスケールの最大の保有量に追加されたのは7,169 BTCのみであり、この結果、全投資会社の保有する暗号資産の合計は655,640ビットコイン以上となった。

(翻訳元:Bitcoin.com

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

KrakenのCEO「惑星や太陽系すら、ビットコインで買える時代に」

木 3月 4 , 2021
最近のブルームバーグのインタビューの中で、KrakenのCEOジェシー・パウエル氏は、ビットコインの価値は無限大になると述べて、ビットコイン支持者達を満足させたようだ。