金価格は年初来高値を更新。ビットコインも追随するか?

金価格は昨日、年初来高値を更新した。2月の高値との差はわずか4ドル、1747ドルに対して1751ドルであるが、それはCOVID-19によって引き起こされた広くて深い谷に続いている。水曜日のパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の不吉な演説以来、金は3.45%上昇している。さらに、銀も演説以来8.51%の上昇と大規模な利益を記録した。


gold makes new highs
GOLD/USD 日足チャート (TradingView)

IMFは世界的なGDPの減少を予測

ほとんどの国のGDP予測が低下しているため、投資家は金に群がっているようだ。IMFは世界の生産高が大幅に減少し、2008-09年の不況時の水準を下回ると予測している。新興国は6%のマイナス打撃を受ける可能性が高く、世界の生産高の平均的な減少は3%程度と推定されている。

gdp annual percentage
IMFによるGDPの年率変化の予測

緊張した米中関係も金の買い刺激になっている。とはいえ、金融の拡大が続くようであれば、世界中の中央銀行が金の準備金を売却する気になるかもしれない。

ビットコイン[BTC]は、3月の売られた後も上昇傾向にある。その多くは、ビットコインの半減をめぐる期待に関係しているが、経済的な逆風もビットコインの原動力となっている。

さらに、株式市場の下落とビットコインとのデカップリングも、市場との非相関性を助長している。S&P指数は水曜日から3%下落し、現在2859ドルで取引されている。

sp500 stock markets daily index
S&P500指数日足チャート(TradingView)

ビットコインの上昇トレンドは続くのか?

ビットコインの強気勢は、半減の余波を受けて、売りと弱気のレトリックと戦っているようだ。ハッシュレートは、旧世代のマイナーが絶滅の危機に瀕していることから、COVID-19が猛威を振るい始めた当時のレベルまで下落している。そのため、マイナーからの売り圧力も弱まりそうだ。

価格は3月から上昇トレンドに入っており、現在は上昇中の強気チャンネルの中間ラインがサポートとなっている。

sp500 stock markets daily index
XBT/USD 1日チャート (TradingView)

2020年5月16日のビットコインの価格は9540ドル前後だ。

(翻訳元:CoinGape

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)