仮想通貨(暗号資産)BAT採用ブラウザーBrave、わずか1ヶ月で登録クリエイター60万人突破

1

人気のあるウェブブラウザ「Brave」は、コンテンツ作成者の数で新記録を登録した。実際、すでに60万人のユーザーがこのプラットフォームに登録している。それに加えて、わずか1ヶ月で17%の成長率を記録しており、今後もクリエイターの数は増え続けると多くの人が期待している。

Share

人気のあるウェブブラウザ「Brave」は、コンテンツ作成者の数で新記録を登録した。実際、すでに60万人のユーザーがこのプラットフォームに登録している。それに加えて、わずか1ヶ月で17%の成長率を記録しており、今後もクリエイターの数は増え続けると多くの人が期待している。


Braveは成長を続ける

Braveは、新規クリエイターがプラットフォームに登録し、作成したコンテンツに対してBasic Attention Token(BAT)報酬を受け取ることで、仮想通貨(暗号資産)市場やウェブ市場での拡大を続けている。一般的に、YouTubeやTwitterのクリエイターは、新規クリエイターのパフォーマンスが高く、ポジションをリードしている。

サイト内参考:bitFlyer, BAT(Basic Attention Token)の取り扱いを開始

サイト内参考:GMO、暗号資産FXサービスにネム、ステラルーメン、ベーシックアテンショントークンの3銘柄を追加

Reddit、Twitch、ウェブサイトもまた、新規登録クリエイターの数が非常に多い。過去30日間で、新規に登録されたブレイブのクリエイターは88,158人、次いでYouTubeの30,541人、Twitterの7,794人となっている。Redditでは14,604人、Twitchでは9,822人、Webサイトでは2,829人、Vimeoでは19,539人、GitHubでは3,029人の新規クリエイターが承認された。

YouTubeのトップクリエイターの中には、27,800,000人の購読者を持つTrap Nation、26,300,000人の購読者を持つSpinnin’ Records、14,000,000,000人のサブスクリプションを持つHowToBasicなどが含まれている。Twitterでは、@FreakyTheory、@CuteAnimalVines、@SpealComedyのアカウントが3,712,936人、フォロワー数が2,510,082人、フォロワー数が2,269,995人となっている。

例えば、Wikipediaとxhamsterは、すでにBATと連携しているAlexaのランキングでは2大サイトとなっている。その他の人気サイトには、aparat.com、theguardian.com、wikihow.comなどがある。

Braveウェブブラウザのユーザーは、オプションをオンにしている場合、彼らが見た広告に対してBATの報酬を受け取ることができる。このようにして、彼らはインターネット上に表示される広告に対して報酬を得ることになる。これは、企業が中央集権的な企業にお金を払って広告を掲載し、ユーザーが共有しているデータに対して報酬を受け取らない従来のブラウザモデルとは異なる。

Braveでは、ユーザーは表示された広告に対してBATトークンで報酬を得ることができ、現在は0.18ドル前後で取引されている。実際、BATは現在、2億6,594万ドルの評価額で市場第32位の仮想通貨(暗号資産)となっている。

ユーザーは、これらのサイトやそれに値するクリエイターに毎月寄付を設定したり、BATの報酬を提供したいと考えたりすることで、コンテンツクリエイターに報酬を与えることができる。

Share

One thought on “仮想通貨(暗号資産)BAT採用ブラウザーBrave、わずか1ヶ月で登録クリエイター60万人突破

Comments are closed.

Next Post

スマホメーカーHTC、Exodus Iに仮想通貨(暗号資産)マイニングアプリを追加

日 4月 26 , 2020
台湾のスマートフォンメーカーHTCが、同社のスマートフォンExodus Iに新たな仮想通貨(暗号資産)マイニング機能を追加した。