2020年に向けてビットコインの電子メール詐欺の数が増加しており、いくつかの国の当局は、ビットコインを要求する脅迫メール詐欺に使用される新たな脅迫戦術に警告を発している。世界がコロナウイルスのパンデミックや経済危機に対処するためにスクランブルになる中、電子メール詐欺は人々の恐怖心を利用してビットコインを恐喝しようとしている。

コロナウイルスの現状が未だ解決には程遠いため、多くの暗号資産界隈のイベントがオンラインに移行している。オンラインの暗号イベントへの参加に興味がある方は、リストを読み続けてほしい。トレーダー諸兄はファンダメンタルとしても活用されたい。

少額の現金を数千、数百万ドルに変えるという考えは、特にこのコロナウイルス大流行期には誰にとっても魅力的な考えだ。しかし、公平性や匿名性といった伝統的なギャンブルの核心的な問題が、ユーザーにとっての参入障壁となっている。

コロナウイルスは、仮想通貨(暗号資産)の分野に恐ろしい影響を与えているが、その一番の犠牲者は仮想通貨(暗号資産)マイニング企業だ。カナダのベンチャー・仮想通貨(暗号資産)マイニング企業であるハット8マイニンググループは、COVID-19(コロナウイルス)に打ちひしがれている。