【テクノロジー】サムスンペイ、仮想通貨VISAカードに対応

仮想通貨(暗号資産)のVisaカードプラットフォーム「Swipe」は5月1日、Samsung Payとの提携を発表した。

Share

仮想通貨(暗号資産)のVisaカードプラットフォーム「Swipe」は5月1日、Samsung Payとの提携を発表した。


この提携により、Samsung Payのユーザーは、Samsung Payに対応したデバイスを使用して、Swipe Visaカードの残高から支払いを行うことができるようになる。

同社は、Google PayとSamsung Payの両方を多国間でサポートする初のデジタルウォレットプラットフォームになったと主張している。

この統合により、英国と欧州連合のスワイプカード会員は、世界5000万カ所以上の店舗で仮想通貨(暗号資産)の残高から支払いを行うことができるようになる。

SwipeのCOOであるJohn Khenneth氏はCointelegraphに、同社とSamsungとの関係は、相互発行銀行であるContis Financialを通じて形成されたと語っています。

「数ヶ月前には、物理的なカードプログラムに加えて、デジタルカードプログラムの承認をVisaから得ており、それ以来、銀行とSamsung Payとの統合を行っている」と同氏は語った。

Khenneth 氏は、スワイプは「サムスンのブロックチェーンの取り組みの助けを借りて、仮想通貨をより意識しているそれらのサムスンの愛好家にリーチすることを望んでいる」パートナーシップを介して述べています。

Khenneth 氏はこう語る。「コロナウイルスのパンデミックの発生以来、Google Pay 上のデジタル決済の数の大きな増加に注目しています。」

「人々が現金や物理的なカードから離れていく中で、Google Payと今回のSamsung Payは本当に助けになり、シームレスなUXの新しいチャネルを作り出すことができます」とKhenneth氏は付け加えている。

SwipeのCEOであるJoselito Lizarondo氏は、「COVID-19のすべての問題と、人々が現金やカードなどの物理的な製品から離れていくことを考えると、デジタルソリューションは、クライアントのニーズを第一に考えるのに本当に役立ちます」と述べている。

Khenneth氏は、Swipeは「現在、年内に東南アジア/アジア太平洋地域での稼働を目指している」と述べ、プラットフォームが最近米国で承認を受けたことを付け加えています。

Share

Next Post

【半減期】ビットコインの暴騰に合わせ、Google検索数が爆発的増加

土 5月 2 , 2020
指数関数的に増加したのはビットコイン価格だけではない。ビットコイン半減」という言葉のGoogle検索トレンドもかなり急上昇しており、部分的にはこの高騰の原動力になっている可能性がある。