リップルコミュニティが分裂:投資家がXRPへの信頼感の欠如を表明

プロジェクトの長期的な信頼を失っている理由を説明した。この投資家がReddit上で公開した投稿では、会社とXRPトークン自体の両方に不満を表明している。

Share
ripple

リップル社のXRPトークンの投資家の一人が先週、ソーシャルメディアに乗り込み、プロジェクトの長期的な信頼を失っている理由を説明した。この投資家がReddit上で公開した投稿では、リップル社とXRPトークン自体の両方に不満を表明している。




リップル社のXRPトークンの投資家の一人が先週、ソーシャルメディアに投稿し、プロジェクトの長期的な実行可能性に自信を失っている理由を説明した。Reddit上の投稿で、サンフランシスコに拠点を置く企業とXRPトークン自体の両方に不満を表明した投資家が公開した投稿に対して、リップルのコミュニティは賛否両論に分かれた。

その投資家は、彼がXRPコミュニティに恐怖や疑いを広めようとしていたわけではないことを強調していた。その代わりに、彼はXRPトークンへの投資を再評価していると述べただけだ。彼はさらに、XRPトークンは彼が2017年に購入したまさに最初の仮想通貨(暗号資産)であり、多くのパートナーシップと強力な経営陣が同社で起こっていると報じられたことで、彼がこのプロジェクトに抱いていた自信は高まるばかりだったと述べた。

しかし今、彼の自信は失われつつある。

情勢はおそらく1年以上沈黙したままだ。同社のCEOであるガーリンハウスとシュワルツは、何十もの銀行がXRPを使用しているだろうと言及し、リップルは主要な有名企業と協力していると述べていたが、2年が経過した今、そのような企業や銀行はほとんど公表されていない。

また、XRPはこの2年間を全くパフォーマンスをあげられていなかったことにも注目する価値がある。さらに、史上最高額の観点から見てみると、現在、そこからリップルは95%下落していることになる。この点は、トークンの価格に不満を表明したユーザーから注目されていた。

Share

Next Post

ナカモト・サトシを名乗るクレイグ・ライト氏、「ビットコイントークを使ったことはない」と主張

火 4月 28 , 2020
ナカモト・サトシを名乗る謎の男クレイグ・ライトは、最近、ベス・ブルーム判事が被告の最近の異議申し立てを却下した後、1万10000点の書類と回答の提出を命じられた。しかし、コロナウイルスの発生は、フロリダの法廷システムが遅れているため、ライトに多少の余裕を与えている。ここで、ライト氏の表向きのサトシの話には新たなねじれがあり、サトシ・ナカモトは決してBitcointalk.orgというフォーラムを使ってコミュニケーションを取っていなかったと主張している。