Glassnodeの最新のマーケットアップデートによると、ビットコインネットワークの全体的な状態を測定するGNI指数は、前週比で18%または13ポイント下落し、60ポイントの値になっている。同時に、BTCの価格は心理的な9000ドルの水準を下回り、8700ドル付近まで下落した。

現在、世界有数の仮想通貨先物取引所、BitMEXのウェブサイト、およびAPIプラットフォームがダウンしているが、ダウンタイムの原因は、メンテナンスのためであることが発表された。この取引所は、HTTPステータスが、何かがサーバーに問題が起こっていることを意味する500内部サーバーエラーに直面している。

ビットコインの3度目の半減期は、進化し続ける暗号資産空間の序章にすぎない。それにもかかわらず、この半減イベントは、他の多くの指標よりもビットコインネットワークとそのエコシステムの進化に多くの光を当てている。

ビットコイン価格は10,000ドル以上を目指し、昨年6月以来の高値へのトライを行っている。今、暗号資産は確かに勢いを持っているが、価格上昇が停止し、約11,350ドルで反転した場合、「弱気のサメのハーモニックパターン」が完成する。