2020年のビットコインを締めくくる:マイニング、制度的採用、コミュニティの声

(これはDenver Bitcoinによるゲスト投稿だ。表現された意見は完全に彼ら自身のものであり、必ずしもBTC Incやビットコインマガジンのものを反映しているわけではない。)

ビットコインにとって最も重要なセクター、最も目につく新規投資家、そして声高きコミュニティが一堂に会して2020年を定義した。

2020年は、特にビットコインにとって忘れられない年だった。読者のためにこの年を記念するために、私たちは投稿者のネットワークに、2020年のビットコインの価格行動、技術開発、コミュニティの成長などを振り返り、これらのすべてが2021年に向けて何を意味するのかを考えるように依頼した。これらの執筆者は、思慮深く、示唆に富む記事を集めて回答してくれた。

2020年は、苦難、ロックダウン、仮面、そして孤独な休日の年として多くの人に記憶されることになりそうだ。

世界は今年一年を通してパンデミックや政治に混沌とした対応をしていましたが、ビットコインは構築してくる。この12ヶ月間は、ビットコイン、エコシステム全体、そして特にビットコインマイニングにとって大きな出来事だった。2020年を通してビットコインがどのように強化されたか、いくつかの側面を見てみよう。

ハッシュレート

ビットコインのハッシュレートは今年、信じられないほどの勢いで伸びている。ハッシュレート(次のビットコインブロックを見つけることに専念する計算作業)の量は、今年は100Eh/s前後でスタートした。

10月末には、この数字は約50%上昇し、150Eh/sとなった。ハッシュレートは10月以降は低下しているが、それでも年間では約35%上昇している。

この伸びは非常に強く、より多くのビットコイン採掘者が市場に参入している証拠であると同時に、現在の採掘者がハッシュレートを上げるために投資をしている証拠でもある。

今年5月にビットコインのブロック報酬が50%削減され、採掘者が稼ぐビットコインの量に直接影響を与えることを考えると、これは特に強気のデータポイントだ。批評家はしばしば「マイニングの死のスパイラル」、つまりブロック報酬の半減と相まって価格が下落し、ビットコインが無期限に破綻する状況を指すことが多い。

多くの人は、2020年にこのようなことが起こるかもしれないと言っていたが、私たちは全く逆のことを目の当たりにしている。主権国家がマイニングプールを国有化し、事実上炭化水素をビットコインネットワークに売却するのを見ている。大規模な石油・ガス会社が巨額の資本を投入し、そのエネルギーを計算作業に変換してビットコインネットワークをマイニングすることで、無駄なエネルギーを削減しているのを見ている。私たちはビットコインのマイニング部門の成長だけを見てきましたが、これはビットコインの全体的な健全性を示す最も重要な指標だと私は考えている。

機関投資家の関心

MicroStrategy、Square、Galaxy Digitalなどの企業が、レガシー投資家の心の中でビットコインを正当化することに与えた影響は、控えめに言っても、その影響力は計り知れないものがある。

MicroStrategyのCEOであるMichael Saylor氏だけでも、深刻な機関投資家にビットコインの正当性に疑問を抱かせた。 彼は、それまでビットコインを無視しいた、あるいはディスカウントしていた知的な人々に、この魔法のようなインターネットマネーが実際に何なのかを見直すことを強要したのだ。

さらに、SquareとMicroStrategyは、手元にある現金の何%かをビットコインに割り当てることにした理由や方法についての「プレイブック」を発表した。このような行動は、フォーチュン500にランクインしているすべてのCTOに、自社の手元資金の何%かをビットコインに割り当てることで、国庫のリスクポートフォリオに同じような利益が得られるのではないかと疑問を抱かせることになる。

これまでのところ、MicroStrategyとSquareは、ビットコインを企業の予備資産として保有することを決定したことで成功を収めている。

では、この傾向は2021年も続くのだろうか?他の公開企業が手元に余った現金を維持する手段としてビットコインを利用するのを見ることになるのでしょうか?可能性は高い。

コアなビットコインコミュニティがその声を見つけた

お金について世界を啓蒙するよりよい方法のために時間を割いてくれた多くの知的な人々の助けを借りて、ビットコインコミュニティ全体がより流暢になり、ビットコインの特徴をより明確に説明/擁護できるようになった。

私は、中央銀行家や現代の貨幣理論家がますます不規則な行動をとるようになるにつれ、健全な貨幣を取り巻く概念がより明確に浮き彫りになっていることに気づいた。ビットコインのコミュニティは、今年、ケインズの考えと対話し、不換通貨のデバスメントに挑戦するという素晴らしい仕事をしている。

私は、中央銀行家や現代の貨幣理論家がますます不規則な行動をとるようになるにつれ、健全な貨幣を取り巻く概念がより明確に浮き彫りになっていることに気が付いた。ビットコインのコミュニティは、今年、ケインズの考えと交流し、不換通貨のデバスメントに挑戦するという素晴らしい仕事をした。

私たちは(そう、私はビットコイン信者だ)メッセージに磨きをかけ、信念を固めてくる。私たちは、より正直で公正な世界を作るのに役立つツールを提唱している。

2021年に向けて

このような事実から、2021年を見据えていると、興奮が抑えられない。私が最も興奮しているのは、ビットコインのマイニングがエネルギー生産や発電産業にどのような影響を与えるのかを見ることだ。また、ビットコインが不変のエネルギー需要市場であるという事実から、政府がマイニングに関与するのを見るのもワクワクする。2021年を通して、この成長を減速させるものは何もない。

私は、より多くの政府がビットコインのマイニングプロセスに対する何らかの監督、国有化、コミットメントを発表することを十分に期待している。私は、2021年の終わりまでにネットワークハッシュレートが275Eh/s(現在のレベルから約100%の成長)以上に成長すると完全に予想している。私は年内に価格が75,000ドル以上になると完全に予想している。

私は非合理的に強気なのだろうか?向こう見ずななロンガーなのだろうか?そうかもしれない。しかし、それは私が間違っているという意味ではない。

どのようなことがあれ,これから起こることを喜ぼう。

翻訳元:bitcoin magazine)

Share

Next Post

中国はビットコインを電子元に置き換えるのか?米上場自動車メーカーNIOがビットコイン決済の広告を削除

木 12月 31 , 2020
中国当局は企業にビットコインの代わりに電子元を受け入れることを強要しているのか?今日の非常に珍しいケ […]