2021年、ビットコインに期待すること

成熟した金融資産として爆発的なブレイクの年を迎えたビットコイン。前代未聞のマネー・プリンティングの歴史に名を残すであろう1年の間に、ついに機関投資家が初めてこの仮想通貨を検討することになった。

この資産のハードコードされたデジタル的希少性は、そのブームとバストのサイクルの主要なドライバーであり、各ブロックの報酬が半減した翌年には、魔法が起こる。新しい年を目前に控え、ここでは過去の暗号市場サイクルを振り返って、2021年のビットコインに何を期待するかを垣間見ることができる。

歴史的なビットコイン市場サイクルを振り返る

すべての市場は循環的であり、弱気と強気のトレンドの明確なフェーズを通過する。これらのサイクルは、何十年にもわたる場合もあれば、数年にもわたる場合もある。Cryptoでは、24時間365日常に市場が動いているため、サイクルは従来の資産よりも速く動くことがよくある。

しかし、ビットコインは10年以上前のものなので、使用可能なデータを得るには、ブームとバストのサイクルが2、3回しかない。技術的な用語では、ビットコインがかつての高値を更新した時、新しい強気相場が始まる。

基本的に、これは資産のブロック報酬が半減した後、4年ごとに発生する。この内蔵されたメカニズムは、需要が再開し始めた時にBTCの供給量が半分になるようになっている。

突然の供給の減少と需要の増加の複合効果により、売買の均衡が崩れ、価格が指数関数的に上昇する。

2020年は、それぞれの半減が市場に与える影響の理想的な例となっている。ビットコインは9ヶ月足らずで「流行」から本格的な「FOMO(取り残される不安・恐怖)」へと変化した。

そして、2020年は間違いなくビットコインの強気のブレイクアウトの年だったが、ビットコインが億万長者の新しい波を作るのは来年なのだ。

bitcoin
半減期の年は青色でマークされている。翌年にはクリプトカレンシーがフルパラボリックになる|出典:BLX BLX on TradingView.com

2020年以上に、なぜ2021年が今までで最高の年になるのか?

上のチャートを見てみると、ビットコインが12年間でどれだけ上昇したのか、衝撃的だ。12年間の取引の間に、ビットコインは3回の半減を経験しており、採掘者が受け取る報酬は50BTCから25BTCへ、次に25BTCから12.5BTCへ、そして現在の6.25BTCへと減少している。

このような事態が起こるたびに、需要は限られた供給量を大幅に上回るようになり、資産は指数関数的に上昇し、放物線を描き始める。

記録上の2年間では、1年目は6,000%以上のROI、2年目は2,000%弱のROIをもたらした。2021年は、仮想通貨投資家に何をもたらすのだろうか?

ビットコインは、現在のレベルから400%上昇したとしても、1BTCあたりの価格は125,000ドルになることが見込まれている。

元記事: bitcoinist)

Share

Next Post

Binance US、1月13日よりXRPの取引と入金を停止

木 12月 31 , 2020
Binance USは本日、公式声明の中で、2021年1月13日午前10時(米国東部標準時)にXRP […]