イーロン・マスク氏、ビットコイン時価総額1兆ドル突破後に「ビットコインは高いな」と発言

4

テスラモーターズの億万長者の創業者であるイーロン・マスク氏は、ビットコインとイーサリアムが土曜日に記録的な水準まで急騰したことを受けて、ビットコインとイーサリアムの価格が「高いな」と述べた。

2月に入ってから55%以上も急騰したビットコインは、土曜日には1コインあたり5万7527ドルという過去最高値を更新し、ほぼ3.5%上昇した。過去6ヶ月間でほぼ350%急騰した後、その市場価値は金曜日に1兆ドル以上のマークに達した。

参考記事:ビットコイン、時価総額1兆ドル突破

時価総額で2番目に大きい仮想通貨であるイーサリアムは、土曜日に、ほぼ12%の週利得のために、記録的な2,040.6ドルにタッチした。

「ともあれ、BTCと ETHは高いな笑」マスク氏は、金は仮想通貨や現金よりも優れていたと言ったユーザーに応答して、ツイートで言った.

「金を持っているという文書は、金を持っていることと同じではない。それは仮想通貨を持っているのと同じかもしれない。金は物々交換の不便さを回避するためのデータにすぎない。そのデータは、他のデータと同じように、遅延やエラーの影響を受ける。システムはその両方を最小限に抑えるように進化するだろう」と彼は付け加えた。

今月初め、世界最大の電気自動車会社であるテスラは、EVの支払い方法としてビットコインを受け入れる計画があると述べ、15億ドルをこの仮想通貨に投資した。

この発表はデジタル通貨を上昇させ、ビットコインへの関心を高めた。一部の業界アナリストは強気で、65,000ドルにタッチすると予想している。

金曜日、マスク氏はテスラのビットコイン購入を擁護し、S&P500企業としては「十分に冒険的」だと述べた。

しかし、同氏はまた、次のようにも述べている。「テスラの行動は私の意見を直接反映したものではない。ビットコインは現金よりも流動性が高くない」

テスラの株式は、金曜日に1株当たり781.3ドルでほぼ1%の下落で終了した。その株式は、過去1ヶ月間で7.5パーセント以上下落している。

12月にS&P500指数に加わったテスラは、昨年、世界で50万台近くの自動車を納車した。

「はっきり言うが、私は投資家ではない。私はエンジニアであって、私はテスラ以外の上場株すら所有していない。しかし、不換紙幣の実質的な利益がマイナスになると、他のところに目を向けないのは愚か者だけだ」と彼は言った。

Uberの最高経営責任者Dara Khosrowshahiも仮想通貨を支持している。このライドシェアリング業界の巨人は、ビジネスに利益をもたらし、必要性があれば、支払いの形態としてビットコインや他の暗号通貨の受け入れを開始するだろうと述べた。

世界的な決済会社であるMastercardは、今年、ネットワーク上でいくつかの暗号通貨のサポートを提供することを計画していると言われている。現在、顧客はMastercard上で仮想通貨のトランザクションを行うことができるものの、それは同社の正式なネットワークの外で行われている。

米食品・飲料会社のペプシもビットコインを購入する選択肢を検討している。

ニューヨーク大学スターン・スクール・オブ・ビジネスの教授で、暗号資産を猛烈に批判するヌーリエル・ルビーニ氏は先週のブルームバーグTVのインタビューで、ビットコインの急騰は「大量の価格操作」の結果だと述べた。同氏は、デジタル通貨には価値がないとし、その上昇を「バブル」と表現した。

ルビーニ氏は、ビットコインは通貨でも口座の単位でもないと述べた。

「それはスケーラブルな支払い手段ではありません [そして] それは価値の安定した貯蓄手段ではありません… フリントストーンズはビットコインよりも優れた通貨システムを持っていました」とルビーニ氏は言った。

「これらは通貨ではありません。これらを暗号資産と呼ぶのは誤りであり、資産ですらないのです」

Share
Bybitに登録して手数料10%オフ!

Next Post

イーロン・マスク氏はナカモト・サトシなのか?

月 2月 22 , 2021
サトシ・ナカモトのアイデンティティの検索は、ビットコインの生みの親の名前に顔を付けようとするさまざま […]