「仮想通貨(暗号資産)は違法なものを購入するためのものだ」というのは神話だ:調査報告

Visual Objectsが実施した調査では、調査の回答者の3分の1は、ほとんどが株式や違法なアイテムを購入するために使用されていると考えているが、仮想通貨(暗号資産)ユーザーはビットコインやその他の仮想通貨(暗号資産)を食料品や衣類を購入するために使用していることが調査により明らかになった。

Share

仮想通貨(暗号資産)は、多くの人に信じられている以上に、支払い手段としてうまく利用されている。Visual Objectsが実施した調査では、調査の回答者の3分の1は、ほとんどが株式や違法なアイテムを購入するために使用されていると考えているが、仮想通貨(暗号資産)ユーザーはビットコインやその他の仮想通貨(暗号資産)を食料品や衣類を購入するために使用していることが調査により明らかになった。

一般的な考えに反し、仮想通貨(暗号資産)の所有者は、主に食品や衣服を購入

ビットコインやその兄弟通貨のボラティリティの高さは、信頼できる支払い手段としての仮想通貨(暗号資産)を普及させたい人たちにとって障害となっているが、最近の調査では、仮想通貨(暗号資産)の所有者は仮想通貨(暗号資産)で物を買うことを気にしておらず、そのほとんどが合法的であり、平凡な購入に関するものであることがわかった。

Visual Objectsは、仮想通貨(暗号資産)に詳しい983人と157人の仮想通貨(暗号資産)所有者を対象に調査を行った。最初のグループでは、仮想通貨(暗号資産)の所有者が購入したいと考えるものを訪ねた。40%の人が、仮想通貨(暗号資産)は主に株式を購入するために使われると答え、30%の人が違法なものを挙げていた。また、仮想通貨(暗号資産)の所有者が衣類(15%)や食品(14%)を購入することを回答した人は非常に少なかった。

実際には、少なくとも仮想通貨(暗号資産)の所有者自身の観点からこのグラフはかなり異なっている、彼らは、食品(38%)、衣類(34%)、株式(29%)、金(21%)を購入するために仮想通貨(暗号資産)のウォレットを使用していると述べた。15%は武器を購入し、11%は仮想通貨(暗号資産)で麻薬を購入したことを認めた。

Cryptocurrency
出典: Visual Objects

調査では、仮想通貨(暗号資産)は一般の人が考えているよりも頻繁に日常的な購入に使用されていることが示唆された。仮想通貨(暗号資産)所有者の72%が、デジタルウォレットを商品を購入するために使用していると回答している。

所有者グループの中で最も人気のあるクリプトカレンシーはビットコインで、70%が保有している。次いでEthereum(27%)、Litecoin(20%)、Dogecoin(15%)と続く。

仮想通貨(暗号資産)のコミュニティは実用性重視

人々は、特にインフレ圧力で不換紙幣の信頼性が低下すると、仮想通貨(暗号資産)を使って商品を購入するようになるだろう。

年初、米保険会社ハートフォード・スチームボイラー(HSB)が委託した調査によると、米中小企業の36%が仮想通貨(暗号資産)による支払いを受け入れているとBitcoinistが報じている。

先月、Coinbaseは自社のカードをGoogle Payでの買い物に利用できると発表した。

(翻訳元:Bitcoinist

Share

Next Post

【詐欺】ビットコイン詐欺2020:BTCをかすめ盗る脅迫戦術

月 5月 4 , 2020
2020年に向けてビットコインの電子メール詐欺の数が増加しており、いくつかの国の当局は、ビットコインを要求する脅迫メール詐欺に使用される新たな脅迫戦術に警告を発している。世界がコロナウイルスのパンデミックや経済危機に対処するためにスクランブルになる中、電子メール詐欺は人々の恐怖心を利用してビットコインを恐喝しようとしている。