同意なしに行われる仮想通貨(暗号資産)マイニングにご注意

月、何億人もの人々がコンピュータの処理能力を盗むウェブサイトを訪問しており、これは仮想通貨(暗号資産)のマイニングに使われている。

Share
代表的なウェブベースマイニングスクリプト「coinhive」

毎月、何億人もの人々がコンピュータの処理能力を盗むウェブサイトを訪問しており、これは仮想通貨(暗号資産)のマイニングに使われている。


これらのウェブサイトは、仮想通貨(暗号資産)のマイニングスクリプトを実行しており、AdGuardの専門家によると、世界で最も人気のあるウェブサイトの200以上が含まれている。

これらのウェブサイトの多くは、トレント、ビデオ、またはアダルトコンテンツを提供することで、できるだけ長く訪問者を魅了しようとしている。閲覧時間中、JSEcoinやCoinHiveなどのスクリプトは、ブロックチェーン取引を確認するために、ユーザーのコンピュータ上でブラウザを介して計算を行う。これらの計算には膨大な処理能力が必要だ。

もしあなたの「マシン」が通常のタスクの処理時間が著しく長くなる場合、これはバックグラウンドで実行されているマイニングマルウェアやスクリプトが原因である可能性がある。定期的なクリーンアップは役立つはずだが、インターネットユーザーは訪問先にはもっと注意を払うべきだ。

(翻訳元:cryptopost

Share

Next Post

果たしてリップル社はYouTubeを訴える資格があるのか?

水 4月 22 , 2020
2020年4月21日、Ripple LabsはYouTubeでの仮想通貨(暗号資産)詐欺のマーケティングを許可したとして、YouTubeに対して損害賠償を請求する訴訟を起こした。