ビットコインの3度目の半減期は、進化し続ける暗号資産空間の序章にすぎない。それにもかかわらず、この半減イベントは、他の多くの指標よりもビットコインネットワークとそのエコシステムの進化に多くの光を当てている。

ビットコイン価格は10,000ドル以上を目指し、昨年6月以来の高値へのトライを行っている。今、暗号資産は確かに勢いを持っているが、価格上昇が停止し、約11,350ドルで反転した場合、「弱気のサメのハーモニックパターン」が完成する。

ロバート・キヨサキ氏が再びビットコインの強気路線を歩んでいる。「金持ち父さん貧乏父さん」の著者であるロバート・キヨサキ氏は、ツイッターでビットコイン(BTC)価格の上昇に乗っかっている。ロバート氏は、経済暴落を恐れて3つの資産を購入していることをすでに示している。金、銀、ビットコインだ。