【悲報】ビットコインの下降トレンドは始まったばかり

ビットコインは、トレーダーに上目線の期待を持たせたにも関わらずその期待を裏切り、再び9500ドルまで下落した。これは初めてのことではないし、最後になることもないだろう。


この市場の大口プレイヤーたちは、ビットコインの下降トレンドを始める準備として、より多くの強気勢を罠にかけ、彼らに空売りさせないようにするために、このようなゲームを仕掛け続けている。現時点では、大口プレイヤーたちは半減期後の利益確定を行っていない。

さらにそれに加えて、マイニングの難易度が上昇し続けているのに、マイニングの報酬が半減してしまったため、収益性を心配しているマイナーたちがいる。

大多数の仮想通貨トレーダーは、これらのすべてがいかに偽物であるかを十分に認識している。彼らは、今までビットコインを購入して保持し、非常に簡単に価格が上昇するのを見てきたので、まだそれを問題視していない。ビットコイン取扱業者の投げ売りは以前にも見られたが、マイナーたちが投げ売りに走るとどうなるのだろうか?

マイナーたちがビットコインを高値で売るために、互いに競い合う可能性もある。つい最近、価格が2時間足らずで1,500ドルも暴落したときに、私たちはすでにその兆候を垣間見た。今のところ、マイナーたちは協力して組織を維持しているが、自分たちのビジネスが危機に瀕し、マイナー同士で市場シェアを競い合うようになれば、彼らの行動はもはや止めようが無い。

暗号資産市場は長い間、大きな下降トレンドのリスクを抱えていた。私たちがいままでに見てきた偽の急騰と偽の取引活動の90%以上は、単に避けられない暴落を遅らせていたにすぎないことを意味していた。

一つの参考として、ビットコイン優位性(BTCドミナンス)が2016年以前のレベルへの上昇を目指しているという事実は、物事が良くなり、ビットコインが新たな強気のサイクルに入ろうとしていると考えている人たちへの警告として役立つはずだ。

ビットコインの優位性が長い間上がり続けているということは、暗号通貨市場が全体では下落していることを意味し、ビットコインはアルトコインと比較してより良い地合を保持していることを意味する。今は非常に保守的な時期だ。

ETH/BTCの割合が0.02以下に下落した場合、多くのアルトコインで急激な下落トレンドに突入するかもしれない。これは全く新しい危機を引き起こす可能性があり、多くのアルトコインが暴落することになる可能性がある。

今のところ、仮想通貨全体の大きなトレンドは弱気のままだ。トレンドの反転が確認されるのを待つのが最善だ。そうすることによって最悪の場合、あなたは数%の利益を逃すことになるかもしれないが、しかしそれは後で正しい選択であったと言えるかもしれないのだから。

(翻訳元:cryptodaily.co.uk

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)