【朗報】仮想通貨BAT対応ブラウザBrave、飛翔する【ベーシックアテンショントークン】

Braveブラウザ(BAT)において、暗号資産ユーザーになり得る可能性のあるユーザーが1,400万人を突破した。

Share

Braveブラウザ(BAT)において、暗号資産ユーザーになり得る可能性のあるユーザーが1,400万人を突破した。

Braveブラウザは、驚異的な成長率を続けており、4月末には1380万人のユーザーを達成した。これらのユーザーのうち、170万人が 仮想通貨(Basic Attention Token:[BAT])報酬システムを選択していると、共同創設者のブレンダン・アイヒ氏は述べている。

Braveブラウザは多くの人にとって暗号資産への足がかりになる

暗号資産の世界では、Braveブラウザは、そのユーザーが必ずしも暗号資産の筋金入りの支持者ではないという点で、ややユニークな位置を占めている。

BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏が、Braveの共同創設者であるBrendan Eich氏との最近のインタビューで指摘したように、上記の数字はBraveユーザーの20%程度が積極的にBasic Attention Token (BAT)の報酬システムに参加していることを意味する。

しかし、Eich氏は、ユーザーがプライバシー機能を求めることもあるため、オプトインするかどうかはユーザの選択であることを素早く指摘した。

“我々はユーザーに参加を強制することはない。ユーザーはオンにすることを選択でき、一度オンにしてしまえば、それはポイントシステムのようなものだ。”

オプトインをした人は、彼らの注目度をマネタイズすることで利益を得ることができる上、何よりも、暗号資産を使用してインターネット広告収入のより公平なモデルを推進することができる。

参考記事:仮想通貨(暗号資産)BAT採用ブラウザーBrave、わずか1ヶ月で登録クリエイター60万人突破

Changpeng Zhao & Brendan Eich discuss crypto

それに加えて、Eich氏は、BAT報酬をより魅力的に利用できるようにする計画があると述べている。これには、ユーザーがより多くの報酬を得られるようにするだけでなく、プロセスをより便利にすることも含まれている。これにより、Braveユーザーに対するBATユーザーの割合が増えることを彼は期待している。

“ユーザーが広告を見る前でも、ユーザーにトークンを与えることができるプールの構想があります。”

さらにBraveブラウザは、すでに暗号資産ユーザーでなかった人々をサポートするためのグループを持っている。これは、他の暗号資産プロジェクトと比較して、はるかに簡単に採用を促進する。

Braveは間違いなく飛翔する

2018年7月、Braveはユーザー数が300万人に達したという節目の達成を発表した。それから2年足らずの今、その数はほぼ5倍になっている。これは、暗号資産業界内だけでなく、どの業界でも驚異的な快挙を表している。

さらに、インターネット広告の寡占を目論むGoogleとFacebookにとって、ブレイブを無視することは難しくなってきている。

そして、タイラー・ウィンクルヴォスも同意見で、先週、BATが今日Geminiの暗号取引所に上場されることをツイートした。これは、BATが流通チャネルをさらに拡大することで、BATにとって大きな一石を投じることになる。

参考記事:bitFlyer, BAT(Basic Attention Token)の取り扱いを開始

参考記事:仮想通貨取引所GeminiがBasic Attention Token [BAT]を上場、5月5日(火)取引開始

より良いインターネットの構築に一歩近づきます。BATの取引は、今週の火曜日、5月5日(火)12時(東部標準時)に@Geminiで開始されます。皆でやりましょう! cc @brave

その上、今月の初めにはBraveのデスクトップにBinanceウィジェットが組み込まれた。これは、どのインターネットブラウザでも初めてのことだ。

ユーザーはBinanceの残高の要約を表示し、デジタル資産の入金、トークンの交換、購入をすべて同じタブ内で行うことができるようになった。

“この統合により、世界中の何百万人ものユーザーがブラウザから離れることなく、シームレスに暗号通貨の取引と管理を行うことができる。”

このように、BraveとBATのファンダメンタルズはこれまで以上に強固なものとなっている。その点を考慮すると、BATが暗号市場のキャップランキングでトップ30を突破するのは時間の問題だろう。

(翻訳元:newsBTC.com

Share

Next Post

【仮想通貨レンディング】BlockFi、アメックス幹部を獲得:暗号資産クレカ発行へ一歩前進

水 5月 6 , 2020
BlockFi(ブロックファイ)は2017年にアメリカで設立された仮想通貨専門のレンディングサービスを提供している企業だ。この暗号資産金融サービス会社BlockFiは、伝統的な金融業界から2人の著名な幹部を獲得した。