【衝撃】ビットコイン、1億ドル以上のショートを焼き尽くし、爆発的上昇

4月29日はビットコイン(BTC)にとって劇的な一日となった中で、ロング勢はBitMEXのXBT先物の価格を8,700ドルを突破し、8,400ドルと8,600ドルの主要なレジスタンスレベルを突破した。

Share
  • BTCが8,700ドルを超えて急騰する中、BitMEXで過去24時間で1億ドル以上のXBT契約が清算された。
  • ビットコインのショートは、水曜日に清算されたボリュームの95%以上を占めている。
  • ビットコインのロング勢はCMEギャップを9,100ドルまで縮めることができるか?

4月29日はビットコイン(BTC)にとって劇的な一日となった中で、ロング勢はBitMEXのXBT先物の価格を8,700ドルを突破し、8,400ドルと8,600ドルの主要なレジスタンスレベルを突破した。価格が8,000ドル以下の水準から数時間で10%急騰したため、ビットコインのショート勢は、価格が9,000ドルへの旅を続ける中で、巨額の損失を被った。

暗号資産取引データアグリゲータであるDatamishのデータによると、BitMEXは過去24時間で9,680万ドル相当のXBT契約の322のショートポジションを清算した。そして、8,700ドルへの道上のBTCの価格の日中の動きは、XBTロング契約の510万ドル相当の上昇を見せた。

1億ドル以上のXBT契約が29日(水)に清算された(画像:Datamish)

このドラスティックな市場では、680万ドル、610万ドル、480万ドルの3つの大きなショート契約が清算された。この3つは、BitMEXで過去1ヶ月間に清算された最大の契約を表している。

暗号資産先物取引所であるBitfinexでも、342のショート契約が清算されたため、ショート勢の清算が急増した。これは、プラットフォーム上で清算された467.5 BTCの合計を表している。プラットフォーム上の過去24時間の間に清算されたロングはなかった。

ビットコインはCMEギャップ9,100ドルを埋める道を歩んでいるのか?

4月29日のビットコインの大暴落は、スポットの買い手が近づき、素早く利益を上げようとしているため、CMEのギャップ9,100ドルとリンクしている可能性がある。TradingViewの日足チャートによると、BTCUSDはSMA100ラインを超えて日中高値の8,800ドルに達し、強気の動きを示唆している。

画像:TradingView

しかし、RSIは買われすぎレベルの77で推移しており、ロング勢が8,600ドルの重要な抵抗線を維持できなければ、引き下げの可能性を示唆している。このレベルに再挑戦すると、市場は9,000ドル台までトレンドを戻す可能性がある。

(翻訳元:CoinGape.com

Share

Next Post

【疑問】仮想通貨の「ホワイトペーパー」って何?

木 4月 30 , 2020
デジタル金融資産の世界には独特の特徴があり、珍しい用語もある。例えば、「ホワイトペーパー」という言葉を聞いたことがあるかもしれないが、実際にはどのような意味があるのだろうか。