【速報】仮想通貨取引所BitMEXがサーバダウン、原因は不明

現在、世界有数の仮想通貨先物取引所、BitMEXのウェブサイト、およびAPIプラットフォームがダウンしているが、ダウンタイムの原因は、メンテナンスのためであることが発表された。この取引所は、HTTPステータスが、何かがサーバーに問題が起こっていることを意味する500内部サーバーエラーに直面している。

Share

現在、世界有数の仮想通貨先物取引所、BitMEXのウェブサイト、およびAPIプラットフォームがダウンしているが、ダウンタイムの原因は、メンテナンスのためであることが発表された。この取引所は、HTTPステータスが、何かがサーバーに問題が起こっていることを意味する500内部サーバーエラーに直面している。

BitMEX取引所のウェブサイトとAPIのクラッシュ

しかし、この予定外のメンテナンスは、プラットフォーム上で何が起こっているのかについて、多くのユーザーが愕然としたままにしている。

BitMEXはまだこのサーバーダウンの根本的な原因を見つけていないようだが、彼らのチームはオンラインに復帰させる努力をしているようだ。

“トレーディングエンジンは現在オフラインです。できるだけ早くオンラインに戻せるように努力しています。近日中に更なるアップデートを予定しております。ご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。現在、この問題の原因を調査しており、近日中にアップデートをお知らせいたします。ご不明な点がございましたら、https://www.bitmex.com/app/support/contact までご連絡ください。”

BitMEXは最近、3月12日にBTC/USDの価格が3,800ドルに暴落し、多くのショート投資家が投資を失ったと主張している間に、サーバーダウンに直面した。

ビットコイン半減の2日前の2020年5月9日に発表されたアナウンスでは、BitMEXのチームは、マイナーが新しい収益構造に適応するにつれて、ユーザーがプラットフォーム上での取引が遅くなることに直面する可能性があると述べている。しかし、今回の障害は内部的な障害であり、Coinbaseも最近1時間に及ぶシステム障害に直面しており、取引所全体で急速にトレンドになりつつある。

Share

Next Post

ダークネットでビットコインのミキシングサービスの利用が増加

水 5月 20 , 2020
Bitfuryの暗号資産分析ユニットCrystal Blockchainの新しいレポートによると、ダークネットによるビットコインのミキシングサービスの利用が増加しているという。