【朗報】ビットコインの買い圧力が爆発的に増加中!【半減期】

ビットコインは、ここ数週間で買い圧力が流入している。このことは、この仮想通貨(暗号資産)が安値から130%以上回復したことからも明らかだ。

Share

ビットコインは、ここ数週間で買い圧力が流入している。このことは、この仮想通貨(暗号資産)が安値から130%以上回復したことからも明らかだ。


BTCは先週9,500ドルに達してから失速しているが、データによると、まだ市場には暗号に対する需要があることを示している。これは、ビットコインが上昇トレンドを維持していることを示しており、9,500ドルは高値を更新する前の通過点に過ぎないことを示している。

ビットコインのオーダーブックは「大規模な買い需要」

ある暗号トレーダーによると、BitMEXのオーダーブックには現在、ビッド(買い)が山積みになっているとのことだ。

下のチャートを見ればわかるように、ビットコインには明らかに買い側の優位がある。買いはBTCの下の緑の線で示され、売りは価格の上の赤い線で示されている。

Bitcoin orderbook according to BitMEX
BitMEXによるビットコインのオーダーブック

ここで重要なことはなんだろうか?それは価格が9,000ドルで失速しているにもかかわらず、仮想通貨(暗号資産)の需要があることを示唆しているということだ。

ブロックチェーンを専門とするマーケットインサイト会社であるサンティメントは、これを裏付けている。彼らのセンチメント・ボリューム指標が「圧倒的にポジティブ」であることに注目している。

“来週の半減期に向けて、[Twitter]のセンチメント分析の結果はまだ圧倒的にポジティブだ。一般的に、ポジティブ度が高く、この指標が現在のように0を大きく上回っている場合、小~中規模の下落に対する十分な買い圧力がある。”

下のチャートを参考すると、ビットコインのセンチメントとソーシャルボリュームが2年ぶりの高値付近にあることがわかる。

Santiment Bitcoin Twitter social sentiment
チャートは@SantimentFeed(Twitter)より

需要の背後には何があるのか?

ビットコインへの買い意欲の流入の背景には、ブロック報酬の半減があるようだ。

以前にBitcoinistが報じたように、「ビットコイン半減」という中国語の用語が「中国のツイッター」である微博(ウェイボー)で一時的に流行した。4億人以上のアクティブユーザーを持つ微博では、この用語が6番目に人気のある用語として一時的にトレンドになった。

同様に、Google Trendsでは、米国の「ビットコイン半減期」への関心が放物線的になっていることも観測されている。同時に、「ビットコイン」や「ビットコインを買う」というキーワードへの関心が高まっている。

参考記事:【半減期】ビットコインの暴騰に合わせ、Google検索数が爆発的増加

このことは、BTCへの需要の増加の背後には、半減期をめぐる大きな期待があることを示唆している。

これには正当な理由があり、半減期は仮想通貨(暗号資産)市場にプラスの効果をもたらすと期待されているのだ。

Pantera Capitalの創設者兼CEOであるダン・モアヘッド氏は、4月のニュースレターでこのことを取り上げている。彼は、シンプルな需給分析から、BTCが半減期後に高騰するのは理にかなっていると説明している。

ビットコインの新たな供給量が半分になった場合、他のすべての要素が同じであれば、価格は上昇するはずだと言うのが妥当です。 ほとんどのマイニング業者は、ブロック報酬をできるだけ早く売却します。彼らは、エネルギーやデータセンターのスペースを支払うためにお金を必要とし、終わりのない軍拡競争の中でより高速なマイニングマシンを購入するためにお金を必要としています。彼らが受け取るビットコインの数が半分になったとき、それは大きな影響を与えるに違いありません。」

(翻訳元:Bitcoinist.com

Share

Next Post

【価格予測】イーサリアム、225ドルへ上昇加速

水 5月 6 , 2020
イーサリアムは、米ドルに対して202ドルと200ドルのサポートレベルの上でポジティブな兆しを見せている。イーサリアムの価格は、近いうちに220ドルと225ドルのレベルに向かって上昇を加速する可能性がある。