【1時間で2000億ドルの売り】何故ビットコインは大暴落したか【半減期】

ビットコインはまたしても10,200ドルレベルで強い抵抗に直面しており、クジラがロングポジションの清算を開始したため、急激な売りが発生している。

Share

ビットコインはまたしても10,200ドルレベルで強い抵抗に直面しており、クジラがロングポジションの清算を開始したため、急激な売りが発生している。わずか1時間の間に2000億ドル近いビットコインが売られた。現在ビットコインは8,600ドル付近で取引されている。

ビットコインは、3月中旬に2020年安値の5000ドル台に暴落して以来、過去50日間で力強い回復を遂げた。先週の金曜日(5月8日)には、投資家が半減する前にビットコインを買いに殺到したため、ビットコインの価格は1万ドル台近くに達した。しかし、何故か今ビットコイン価格は次々と下落している。なぜそれが起こるのかを理解してみよう。待望のビットコインの半減期は5月12日、つまり明日に行われ、マイナーの報酬が12.5ビットコインから6.25ビットコインに半減する。

しかし、半減期の直前、ビットコインは10,000ドルの壁を越えることができず、むしろ9000ドル以下に再び沈んでいく売りを目撃した。5月10日(日)には、ビットコイン価格が10%下落し、8600ドル付近まで下落した。下落してから、ビットコインの価格は8627ドル、時価総額は1590億ドルで取引されている。

ビットコインは、投資家が2億ドル近くのロングポジションを清算したため、日曜日に再びボラティリティが上昇した。ここで、ビットコインが半減期を迎える前に暴落する可能性がある理由をいくつか見てみよう。

ビットコインのデリバティブ取引が大規模なボラティリティーをもたらす

ビットコインが半減する直前、取引活動はすべての主要なクリプト取引プラットフォームで大幅に急増した。特に、ビットコインのデリバティブ商品を取引するプラットフォームでは、大規模な取引が急増した。

大手取引所であるDeribitのオプション取引は過去最高の取引量を記録し、CMEは過去最高の建玉を記録した。一方、現物取引所では、過去3週間で2017年の水準と同程度の取引量になっている。

歴史を振り返ると、ビットコインの半減期は、実際それが起こる前から多くの投資家の関心を集めてきた。多くの新しい投資家がビットコイン購入のためのレースに参加する一方で、トレーダーに格好の売りの機会を提供してきた。

クジラは歴史的に1万ドル前後でビットコインを売る

ビットコインが10,200ドルレベルの大きなレジスタンスラインを越えようと苦戦していたので、クジラは主要なすべての主要な仮想通貨取引所でビットコインの空売りを開始した。4大デリバティブ取引所のうち、ビットコインの累積建玉は大幅に暴落した。

建玉とは、基本的には、ある期間に開かれているロングとショートの契約の合計数のことだ。建玉が減少しているということは、大きな売り圧力があったことを意味する。

また、「資金調達率」と呼ばれる別の指標もBybit、Binance Future、BitMEXではマイナスに転じた。ビットコイン価格が下落している場合、資金調達率がマイナスになるということは、市場の大多数がショートポジションを保有していることを示している。これは、全体的なセンチメントがネガティブであり、ビットコインがさらに下落する可能性が高いことを意味する。

ビットコインは何度も1万ドルを試しては落ちる

歴史的に、10,200ドル~10,500ドルの間のレンジは、ビットコインの強いレジスタンスの範囲となっている。ビットコインがこれを突破することに成功すれば、そこからすぐに新高値へとエスカレートしていく可能性がある。

昨年2019年6月、ビットコインが初めて10,500ドルの水準を突破した後、すぐに14,000ドルの水準まで跳ね上がった。しかし、過去2年間で、ビットコインは6回のトライのうち5回はこの水準を超えることができなかった。

何故ビットコインは暴落したのか。それは、ビットコインが再び10,200ドルレベルを超えようと苦戦しているとき、クジラはBitMEXとBinance Futureのロング契約を清算し始めたからだ。

(翻訳元:coinspeaker

Share

Next Post

ビットコインの半減期がハードフォークした他のコインに与える影響とは

月 5月 11 , 2020
ビットコイン[BTC]の半減期まであと15時間を切っているが、ここ数週間、ビットコインのマイニングの状況は駆け足で盛り上がっている。