【半減期】ビットコインの暴騰に合わせ、Google検索数が爆発的増加

4

指数関数的に増加したのはビットコイン価格だけではない。ビットコイン半減」という言葉のGoogle検索トレンドもかなり急上昇しており、部分的にはこの高騰の原動力になっている可能性がある。

Share

48時間足らずで、ビットコイン価格は鋭い放物線を描き、1,700ドルと22%以上上昇し、9,500ドル近くタッチした後に調整売りに入った。

しかし、指数関数的に増加したのはビットコイン価格だけではない。ビットコイン半減」という言葉のGoogle検索トレンドもかなり急上昇しており、部分的にはこの高騰の原動力になっている可能性がある。


ビットコイン価格は48時間で20%以上上昇し、9,000ドル以上に急上昇

最近の爆発的なビットコインの高騰は、時価総額で主要な仮想通貨(暗号資産)の価格を放物線的に上昇させ、わずか2日間で7,800ドル以下から9,000ドルをはるかに超えるまでにバーストさせた。

強気派からの猛烈な買いは、ビットコインの半減期が次の強気相場の火付け役に劇的な影響を与えるかもしれないという希望を復活させた。

その希望は、3月の「暗黒の木曜日」の暴落によって押しつぶされそうになったが、ほぼすべての失われた地面は、この史上初の仮想通貨ビットコインによってすでに回復されている。

ビットコインの最新の強気の上昇を駆動しているものの多くは、ビットコインの半減期への関心が高まっている。

google trends bitcoin halving
グーグルトレンド:「ビットコイン 半減期」

ビットコイン半減期の検索クエリは、半減期二週間前にして放物線を描く

また、ビットコイン価格と並んで放物線的な動きをしているのが、Google Trendsでの 「ビットコイン 半減期(halving) 」という用語の検索クエリだ。

Google Trendsのデータをズームアウトしてみると、この用語の検索数は過去最高レベルに達している。

Google Trend 「bitcoin halving(半減期)」

この急増は、Google Trendsのチャートを見れば一目瞭然だ。 また、ビットコインの価格チャートを見てもその影響は明らかで、3月の極端な下落を受けて急回復していることがわかる。

4月の月足ローソク足は、3月のローソク足のトップよりも高くなっており、ビットコイン価格が約8750ドルの上にクローズしており、月足は非常に強気の値をつけてクローズした – これは信じられないほど強気のシグナルであり、強い上昇トレンドが続いている。

ビットコインの半減期は、すでに非常に不足しているビットコインの供給が一晩で半分に削減されるため、ビットコインの価格に劇的な影響を与えると長い間言われてきた。

過去の半減期のたびに新たな強気相場が始まっており、今回のビットコイン半減期でどれだけ多くの人がビットコインのことを知っているかで、過去の強気相場サイクルよりもはるかに大きな影響を与える可能性がある。

前回の強気相場では、ビットコインは約160ドルから20,000ドルの高値を記録した。ビットコインの弱気相場の最安値が3,200ドルであることから、次の最高値は、1BTCあたり55,000ドルから数十万ドルになる可能性がある。

長期的な価格予測では、ビットコインは1BTCあたり100万ドル以上になるとされているが、このような高額な評価は乱暴な憶測だ。それでも可能性はあるし、これらの予測が現実になるかどうかは時間の問題だ。

今のところ、一つ確かなことがある:ビットコインの半減期への関心は現在急上昇しており、資産の価格も同様に上昇している。

(翻訳元:Bitcoinist.com

Share

Next Post

【乞食速報】5月注目の仮想通貨エアドロップはこれだ!

土 5月 2 , 2020
5月もトークンをプレゼントするエアドロップキャンペーンを開催している仮想通貨プロジェクトが目白押しだ。もし無料のトークンを手に入れたいと思っているのであれば、2020年5月のトップエアドロップを含むリストをチェックしてみてほしい。