ビットコインの半減期がマイナー達に投げ売りを強いる

5月に来るべきビットコインの半減期は、マイナーによるパニック売りの新たな波を引き起こす可能性があると、ある匿名のアナリストは述べている。

Share

5月に来るべきビットコインの半減期は、マイナーによるパニック売りの新たな波を引き起こす可能性があると、ある匿名のアナリストは述べている。


ビットコインの半減期は、仮想通貨(暗号資産)市場の大多数の目玉となっている。

このイベントは、ビットコインの1日の生産量を1,800BTCから900BTCにアルゴリズム的に削減することで、ビットコインをより希少価値の高いものにするだろう。供給量が減れば、長期的にはビットコインの価格が上昇すると考えられており、有名なモデルでは2021年までに10万ドルに達すると予測されている。

しかし、「アレックス」という偽名で活動しているあるアナリストは、稼げなくなったなマイナーが手持ちのビットコインを投げ売りしているため、ビットコインは今年に入ってもさらに暴落を続ける可能性があると主張しています。

「ビットコインは、ほとんどが感情と勢いで取引される比較的簡単に操作できる市場です。少数の人々は、強気のナラティブなストーリーを生み出すために価格を動かそうとするインセンティブに駆られるでしょう」

とアレックスは綴っている。

「最も重要なリスクは、半減期に入ると、稼げなくなったマイナーによる投げ売りが発生することです。これは非常にあり得る話です。」

ビットコインへの売り圧力

マイナーは、特別に設計されたリグを組み立てて操作し、ビットコインのブロックチェーンにトランザクションを検証してブロックを追加する。その見返りとして、彼らはビットコイントという形で報酬を受け取る。

次の半減期の後は、マイナーはリグを稼働させるためにコストをかけることになるが、リターンを回収できる可能性は低くなる。そうなると、稼げなくなったマイナーには2つの選択肢がある。損失を出して採掘を続けるか、リグを完全に閉鎖するかだ。

「唯一の方法は、リグをアップグレードすることだろう」と仮想通貨(暗号資産)マーケットプレイスPaxfulのジェフリー・バロー氏は語った。

「趣味でマイニングしている人々や小規模なプレーヤーは、どれだけBTCを得ても、自分たちのリグを稼働させるには採算が合わなくなると気づくだろう」

ビットコイン, マイニング, BTCUSD, そして仮想通貨(暗号資産)

bitcoin, mining, btcusd, cryptocurrency
BTCマイニングの収益性は2019年半ばから下向きに向かっている|ソース: blockchain.com

ビットコインのブロックチェーンを実行するために費やされる計算能力の量を表すハッシュレートが減少していることは、小規模なマイニング業者のほとんどはすでに事業を停止していることを示している。そして、ビットコインのドル基軸の価格が3月中旬に50%以上も急落したため、それに伴ってマイニング業者は大きな打撃を受けた。

「『暗黒の木曜日』の大虐殺を考えると、全然稼げていないマイニング業者はすでに撤退しているはず。半減期が近づいてきたら、このことがもっと明確になるでしょう」とアレックスは書いている。

ゴールド:より良い指標

アナリストは、あまり人気のある考え方ではないもののー、金がビットコインのためのより良い価格指標であることを示した。この黄金の金属は、世界的なマクロ経済のナラティブに正確に反応し、ビットコインの特徴に近いといえる。これは、仮想通貨(暗号資産)が高い信頼性を示すことを示唆しているかもしれない。

「これからビットコインは上昇するはずだが、その実力を証明する必要がある」とアレックス氏は述べている。

(翻訳元:newsbtc.com

Share

Next Post

ビットコインが突然10%上昇、急騰の3つの理由

金 4月 24 , 2020
ビットコインはこの24時間で非常に良い動きをしている。水曜日に6,800ドルまで下落した後、木曜日の […]