ビットコインのグーグル検索数が3月以前のレベルに低下

グーグルでのビットコインの検索数は3月以前のレベルにまで低下しており、危機が迫りつつある中で比較的安全な場面であるにもかかわらず、仮想通貨(暗号資産)への関心が低下している可能性があることを示唆している。

Share

note:本記事はANATOL ANTONOVICI氏の記事の翻訳記事です。

グーグルでのビットコインの検索数は3月以前のレベルにまで低下しており、危機が迫りつつある中で比較的安全な場面であるにもかかわらず、仮想通貨(暗号資産)への関心が低下している可能性があることを示唆している。

暴落を懸念した投資家

Google Trendsのデータによると、ビットコインへの関心が世界的に徐々に以前の水準にまで低下していることが明らかになった。先月、「ビットコイン」という言葉のGoogle検索が急上昇し、株式市場が数年来の安値に暴落した翌日の3月13日には、12ヶ月ぶりの高値をほぼ記録した。この暴落は、コロナウイルスパニックと、ヨーロッパ、アジア、北米を含む全大陸の政府が課した積極的なロックダウン措置の結果であった。

多くの人が職を失ったことを考えると、貯蓄を温存する方法を模索していたのだろう。米国だけでも、3月28日に終了した週の失業給付申請件数は665万件に急増し、過去最高であり、前例のない数字となった。例えば、それまでの過去最高は100万件を大きく下回っていた。

しかし、ビットコインへの関心が急上昇しているにもかかわらず、世界一の仮想通貨(暗号資産)も暴落し、その価値の半分を失ったことに、多くの人が失望したのではないだろうか。

ビットコイン価格はほとんどの損失を回復しているが、仮想通貨(暗号資産)への関心は、少なくともGoogle Trendsによると、3月以前のレベルにまで低下し続けている。

ビットコインは信頼できる安全な避難所であることを証明するだろう

しかし、仮想通貨(暗号資産)への関心が冷めてしまう可能性があるにもかかわらず、ビットコインは、米ドルのインフレの中で商品やサービスの価格が高騰したときに、安全な避難所としての地位をすぐに証明する可能性が高い。FRBは今、狂ったように現金を注入しており、新しいお金の一部は、すぐに全ての価格に反映されるだろう。明らかに、ビットコインもこれに後押しされるだろう。

今後の半減期イベントと、多くの新規投資家からの関心の高まりが仮想通貨(暗号資産)をサポートすることだろう。

実際、ビットコインはすでに今、1週間で9%以上の上昇を記録している。

Share

Next Post

ビットコイン価格が急落から7000ドルに急反転した理由

水 4月 8 , 2020
ビットコインは、対米ドルで月次高値の7,447ドルから下落を開始した。BTC価格は、重要な7,000-7,100ドルの需要ゾーンを試し、最近の損失を戻した。